13歳の娘に語るガウスの黄金定理

個数:

13歳の娘に語るガウスの黄金定理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月24日 19時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 257p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000052160
  • NDC分類 412
  • Cコード C0041

内容説明

思春期の娘に高等数学を―数学を愛する父の無謀な挑戦。数学よりゲームがしたい娘の反撃にたじろぎながらも、算数レベルから合同式、二次形式論そしてガウス整数の世界へ。フェルマー、オイラーら、きら星のごとき数学者たちの足跡もたどりつつ、「黄金定理」こと平方剰余の相互法則の真髄に迫る。

目次

第0章 数学王
第1章 ユークリッド・ディオファントス・ブラハマグプタ(割り算だからといって馬鹿にしてはいけない;金のかけら ほか)
第2章 フェルマー(違うけど同じなのだ;3×5が1になっても ほか)
第3章 オイラー(戦乱の中で;互いに素である数はいくつ? ほか)
第4章 ガウス(へんな計算;ややこしいけど… ほか)

著者等紹介

金重明[キムチュンミョン]
1956年生まれ。主著『算学武芸帳』(1997年、朝日新聞社、第8回朝日新人文学賞受賞)、『抗蒙の丘―三別抄耽羅戦記』(2006年、新人物往来社、第30回歴史文学賞受賞)他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

思春期の娘に高等数学を――数学を愛する父の無謀な挑戦.数学よりゲームがしたい娘の反撃にたじろぎながらも,算数レベルから合同式,二次形式論そしてガウス整数の世界へ.フェルマー,オイラーら,きら星のごとき数学者たちの足跡もたどりつつ,「黄金定理」こと平方剰余の相互法則の真髄に迫る.父の威信,挽回なるか!?