たった一つの、私のものではない言葉―他者の単一言語使用

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 184p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000012935
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0010

内容説明

「私は一つの言語しか持っていない、ところがそれは私の言語ではない」―この二律背反する、特異な命題が指し示す言語経験は、我々にとって何を意味するのか。フランス植民地下のアルジェリア―矛盾と葛藤に充ちたデリダ自身の自己形成の物語を通して、ポストコロニアルの時代における、言語・文化的アイデンティティと政治、母語、翻訳をめぐる脱構築的考察が展開する。

著者等紹介

守中高明[モリナカタカアキ]
1960年生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得。フランス文学・思想専攻。早稲田大学法学部助教授。詩人
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

はたして母語は《私》のものなのか-フランス植民地下のアルジェリア,矛盾と葛藤に充ちたデリダ自身の自己形成の物語を通して,言語-文化的アイデンティティと政治,翻訳,植民地主義の問題をめぐる脱構築的考察が展開される.