現代哲学の遠近法―思考の消尽線を求めて

現代哲学の遠近法―思考の消尽線を求めて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784000005975
  • NDC分類 104

内容説明

科学論と合理性の問題、理性の歩みと宗教の位置、そして意識の自己解釈と自己関係など―現代の課題と取組み、哲学的思考が意識的生と調和する思想の行程を探究し、新たな超越論的理論の形式を構想する。多くの日本の学究を育てたドイツ観念論研究の泰斗が、該博な知識と洞察を踏まえ、現代の知的状況に向けて発言する。

目次

1 将来の生解釈(生解釈のもろもろの根;生解釈の危機と将来)
2 理性の自己啓蒙
3 思考と研究―合理性の概念規定と位置規定
4 自己意識とその自己解釈―意識的生における宗教の根幹について
5 自己意識と思弁的思考(批判としての哲学と統合としての哲学;自己意識と意識的生;思弁的思考と世界解釈)

出版社内容情報

自己意識にかかわる西欧的思考の伝統は,その全ての展開の可能性を尽くされただろうか.ヘーゲル哲学への洞察を踏まえ,現代の知的状況と対峙する著者が,意識の構造,自己関係性をめぐって提案する新たな思考の遠近法.