現代紛争の構造―非極モデルの構築のために

個数:

現代紛争の構造―非極モデルの構築のために

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 338p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784000005944
  • NDC分類 319
  • Cコード C0031

内容説明

国際政治を大国(「極」)間の関係として捉える従来の理論では、現代の国際構造の変動における「非極」(第三世界、民族解放運動など)の果たす役割は解明できない。本書の「非極モデル」は、非極の動向に焦点をあて、極―非極の対抗関係のなかに平和と紛争のダイナミズムを位置づけ、現代の国際紛争の動態と平和への方途を展望する。国際政治の理論的枠組みを問い直す意欲的な問題提起の書である。

目次

第1章 国際構造と紛争―いかに捉えるべきか(現実主義モデルと国際政治学;装置の解体―「脱構造」の論理)
第2章 内戦と冷戦―「下から」見る視座
第3章 力と相互依存―何がどう変わったのか(ナショナリズムと核軍事化;経済力のジレンマ)
第4章 国際構造と外交―戦後日本の軌跡を分析する(敗戦と制憲;講和と「第三世界」;安保から経済摩擦へ;重商主義の矛盾)
第5章 外交への提言―何をいかになすべきか(「リアリズム」外交の虚妄;虚構の防衛政策;三たび「ヨーロッパ近代」のモデルをめぐって;日本の生き方)

出版社内容情報

国際政治を大国(「極」)間の問題として捉える従来の理論では,国際構造の変動における「非極」(第三世界,民族解放運動など)の役割を解明できない.極―非極の対抗関係のなかに平和と紛争のダイナミズムを位置づける.