偶然性の精神病理

  • ポイントキャンペーン

偶然性の精神病理

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000004428
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0010

内容説明

こころの医学として精神医学はいかにあるべきか。偶然の結果としての個々人の生と、かけがえのない必然として生きる個々人の絶対的な生の絡み合いをどう理解すべきか。精神現象の本質に迫るべく、フロイト、ニーチェ、フッサール、ハイデッガー、西田幾多郎、九鬼周造らの議論を下敷きにしながら、また遺伝子や進化論、生命システムの問題をも俎上に乗せつつ、「時間」論の延長上に構想されたオリジナルな生命の「哲学」。

目次

1 序論
2 真理・ニヒリズム・主体
3 偶然性の精神病理
4 タイミングと自己
5 時間の間主観性
6 無意識と主体性―遺伝子のゲシュタルトクライス

出版社内容情報

人間を人間たらしめているものは何か.こころの医学として精神医学はいかにあるべきか.独自の方法で精神医学の世界に大きな峰を形成してきた著者の新しい思索の展開を示す刺激的な「生きることの哲学」.