環境経済学

環境経済学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 358,/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784000003261
  • NDC分類 519
  • Cコード C3033

内容説明

環境問題は現代社会の存続を脅かし、人類はいま地球環境の保全ができるかどうかを深刻に問わている。経済発展にともなう「環境の変化」、公害やアメニティ(良好な居住環境)破壊などの「環境問題」、公害を防止しアメニティを創出する「環境政策」の3局面を体系的に論究する。環境破壊の原因・結果・対策という理論的総合を企図した書下しの労作。

目次

第1章 環境の危機と政治経済学(近代文明の転換期と環境破壊;環境経済学の誕生と課題)
第2章 環境と社会体制・政治経済構造(公共信託財産としての環境;資本主義社会の発展と環境;現代資本主義と環境)
第3章 環境問題の政治経済学(環境問題の領域;公害問題と資本主義;アメニティの政治経済学;社会的損失と社会的費用)
第4章 環境政策と国家(環境政策の原理;PPPのの理論と現実;「政府の失敗」と公共性)
第5章 内発的発展と住民自治―「持続的発展」の政治経済システムをもとめて(「経済の質」と内発的発展;住民運動と自治)

出版社内容情報

現代社会の存続を脅かす環境問題について,経済発展にともなう「環境の変化」,公害やアメニティ(良好な居住環境)破壊などの「環境問題」,公害を阻止しアメニティを創出する「環境政策」の三局面から体系的に論究.