「科学としての法律学」とその発展

  • ポイントキャンペーン

「科学としての法律学」とその発展

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 264p/高さ 21X15cm
  • 商品コード 9784000003186
  • NDC分類 321

内容説明

日本の法学は、著者の先駆者的業績によって、はじめて社会科学としての方法論的な基礎を与えられたということができる。本書には、法律学はいかなる学問であるのか、またあるべきか、という方法論上の問題を正面から提起して、著者も法律学論の出発点となった「科学としての法律学」の他、その後の研究の発展を示す基礎的な諸論考を収める。

目次

科学としての法律学
法的判断の「客観性」―法律解釈への不信
市民的実用法学とその科学性―実用法学と法社会学との架橋
判例と判決例―民事裁判に焦点をおいて
「法的推論」の基礎理論―「法的構成」による法的判断の構造と機能
法律学の外観と真実―「権利主張の争い」に焦点をおいて
争いと法律―新しい法律学と法学教育のために
民法学と民事訴訟―私の民法学研究がたどった道

出版社内容情報

著者は「科学としての法律学」において,法律学とはいかなる学問であるのか,またあるべきか,という方法論上の問題を真正面から提起したが,これが著者の法律学論の出発点となった.この論考をはじめとして,「法的判断の客観性」「市民的実用法学とその科学性」「判例と判決例」「「法的推論」の基礎理論」「法律学の外観と真実」「争いと法律」「民法学と民事訴訟」など,さらにその後の研究発展を示す基礎的な文章を収める.