映画伝来 - シネマトグラフと〈明治の日本〉

  • ポイントキャンペーン

映画伝来 - シネマトグラフと〈明治の日本〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 204p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000002103
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0074

出版社内容情報

19世紀末,誕生間もない映画が,明治の日本を記録していた.カメラが発見した,思いがけない笑い,切り取られた風景.世界をめぐった視線の欲望は,映画の20世紀を予告していた.グラフィティ・映画事始め.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

印度 洋一郎

3
19世紀末に、"映画の父"リュミエール兄弟の会社が日本にカメラマンを派遣した。そのカメラマン達が撮影した、日本最古の映像を多方面から分析しながら、何故日本に関するフィルムが多いのか、何故芸人の映像が多いのか、などこの映像が持つ意味合いを探っていく。当時まだ映画という言葉は無く、シネマトグラフだった。「食事」と言う割に何も食べてない映像、冬なのに裸で作業する農民達など、不自然なものがあるのは何故か?に着目していくと、映像が事実ではなく、撮る側の見たいもの、見せたいものを映してしまうという特性が見えて来る。2012/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/625277

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。