玄耳と猫と漱石と

個数:

玄耳と猫と漱石と

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 172p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784946407659
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

東京朝日新聞の社会部長として活躍する渋川玄耳。離婚に直面して、飼い猫のミイを夏目漱石に預ける。二人のあたたかい人間交流の中に、明治を生きた男の心根を堂々と描き出す。風格の中篇小説集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

猫丸

11
九州の文芸同人誌に掲載された「玄耳と猫と漱石と」「南州先生大将服焼片」の二篇。70才を超えた著者の作品が認められ刊行に至ったという。端正な品格をもつ文章がすばらしい。明治人の清廉なる人格の描写は涼しく、しかし根深いところに熱を蔵している。これほどまでに質の高い作品が人知れず生産されているとは驚くべきことだ。視線の向け方が芥川にちょっと似ている気がする。2021/05/19

イブリン

1
後半の『南洲先生大将服焼片』は読んでません。朝日新聞社会部長の玄耳渋川柳次郎が、会社を辞めるにあたって飼い猫を漱石に譲るというエピソードを軸に、暖かい交流がとても興味深かった。漱石がミイの足の裏を調べ「これはいい猫だ。足裏の相を見ればわかる」と言った場面を想像すると和む。2011/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/172700

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。