自由社ブックレット<br> 「ヘイトスピーチ法」は日本人差別の悪法だ

個数:

自由社ブックレット
「ヘイトスピーチ法」は日本人差別の悪法だ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月19日 18時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 115p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784915237980
  • NDC分類 316.81
  • Cコード C0021

内容説明

中国や韓国や北朝鮮を批判すると、「ヘイトスピーチ」と一方的に認定される。個人は社会的信用を剥奪され、保守系団体は「ヘイト集団」の烙印を押されてしまう。ヘイトスピーチ規制法は、外国人ばかりを守る不公正な欠陥法である。屈辱的な世紀の悪法!断固撤廃!!

目次

開会にあたって なぜ「欠陥ヘイト法」と言うのか
第1部 基調講演―日本人を憎悪し、差別する法律だ
第2部 意見表明
第3部 質疑応答―日本国憲法と人種差別撤廃条約に違反する以上、無効だ
第4部 集会参加者からの発言―ヘイト集会ではなかったのに解散
提言“ヘイト法を廃止せよ”

著者紹介

小山常実[コヤマツネミ]
大月短期大学名誉教授、新しい歴史教科書をつくる会理事。京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得

皿木喜久[サラキヨシヒサ]
新しい歴史教科書をつくる会副会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)