あした、この国は崩壊する―ポストコロナとMMT

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

あした、この国は崩壊する―ポストコロナとMMT

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 480p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784910519005
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

二〇四〇年、消費税20%、長引くデフレの影響で荒廃している東京。フリーの看護師園田詠美は、元政治家で、その後は活動家となったかつての高校の同級生の街頭演説に遭遇する。しかし突然、爆発が起こり、その活動家を救出しようとしているさなかに意識が飛ぶ…。コロナ後の世界、そしてMMT(現代貨幣理論)を探り入れた日本経済を描いた、まったく新しい経済SF小説です!

著者等紹介

黒野伸一[クロノシンイチ]
1959年、神奈川県生まれ。『ア・ハッピーファミリー』(小学館文庫化にあたり「坂本ミキ、14歳。」に改題)で第一回きらら文学賞を受賞し、小説家デビュー

中野剛志[ナカノタケシ]
1971年、神奈川県生まれ。評論家。元京都大学大学院工学研究科准教授。専門は政治思想。96年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。01年に同大学院にて優等修士号、05年に博士号を取得。論文“Theorising Economic Nationalism”(Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に『日本思想史新論』(ちくま新書、山本七平賞奨励賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よんよん

57
60代になった詠美と同世代の自分が見てきた出来事が歴史を振り返るように書いてあり、今後どうなるか安心より不安が多いのに気付いた。コロナ感染がこれほど蔓延するとは思わなかった。コロナが収まり景気は回復するのだろうか。黒野さんが書いているような強力な政治家がリーダーシップを発揮して、住みやすい日本が実現すればいいが。‘歴史は繰り返される’2021/05/02

きあら

22
SFを交えてバブル以降の日本を描きつつ、今のままの財政政策を続けた日本の2040年とそうでない場合の2043年の日本。MMTは緊縮財政よりはマシと思うけど、疑問の多い理論。コロナ対応や昨今の政治スキャンダル(といわれているもの)も自分とは意見が異なるが、物語としては楽しめた。2021/04/19

belalugosi6997

10
500頁近い大作。小説は年間1〜2冊の私にとっては貴重な栄養補給である。序盤は安物の三文芝居。しかし、あるキーワードをきっかけに物語は起伏の激しい急展開を魅せる。悪夢のような現実は、まんざら夢ではない。夢から覚めるためには正しいか貨幣観が必須である。「政治家のレベルの低さは国民のレベルの低さを映す鏡である。」これには恐れ入ったぐうの音も出ない。終盤もやはりあるキーワードをきっかけに伏線を回収することになる。次世代の者に向かって「どうだ!」と胸を張って言える世の中にしてあげたかった、面目ない。ベスト著書2021/06/19

りょう

6
あの黒野さんが、本気で経済小説を書いています。そして、さすがに読ませるエンタメ性もばっちり!まさにコロナの渦中にいるなかで、(延期されたオリンピックが本のなかでは中止になっているのは違うけど、って中止になると考えるよな)、この国の未来を描く力作!2021/07/21

MioCastello

5
バブル崩壊とその後の金融危機のどさくさの中でいかに外資がうまく立ち回ったかといかに政治家と官僚達が間違った舵取りをしたのかがよく理解できる。問題は日本がいまだに当時の間違いに気づかず軌道修正出来ていない事だ。このままでは小説で描かれたディストピアが現実となってしまう。緊縮財政論者はコロナ禍でさえ借金を次世代に残していいのかというロジックを用いるが、国を衰退させ夢も希望もない暗い日本を次世代に背負わせる事こそ罪ではないだろうか。2021/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17657512

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。