民主文学自選叢書<br> 『文学の森』―トルストイから宮本百合子

個数:
  • ポイントキャンペーン

民主文学自選叢書
『文学の森』―トルストイから宮本百合子

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A6判/ページ数 322p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784894690349
  • NDC分類 904
  • Cコード C0393

内容説明

職場や国会で活躍した著者元参議院議員山中郁子(本名)の“ほんとうは面白い世界の文学”。宮本百合子は旧ソ連をどう見ていたか、ジイドと対比する初評論を掲載。70人以上の作家たちを茶の間に招き入れる名作道案内。

目次

第1部 人生を映す世界の名作(トルストイ「復活」;森鴎外「雁」 ほか)
第2部 小説のなかの夫婦たち(宮本百合子「杉垣」;大江健三郎「新しい人よ眼ざめよ」 ほか)
第3部 小説にみるたたかいの姿(窪田精「海と起重機」;及川和男「森が動く時」 ほか)
第4部 本と作家と(戸石泰一「青い波がくずれる」;山本薩夫「私の映画人生」 ほか)
第5部 宮本百合子に魅せられて(女性の自立と解放;映画「宮本百合子」 ほか)

著者等紹介

秋元有子[アキモトユウコ]
本名山中郁子(やまなかいくこ)。1932年東京に生まれる。1952年~1970年電電公社(現在のNTT)勤務。1955年早稲田大学第二文学部卒業。1964年まで全電通中央委員・関東地方委員、東京市外電話支部書記長などを歴任。1970年~1994年日本共産党中央委員会で活動、この間(1974年~1992年)参議院議員を三期つとめる。「日本民主主義文学同盟」同盟員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。