近代とはいかなる時代か?―モダニティの帰結

個数:

近代とはいかなる時代か?―モダニティの帰結

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784880591810
  • NDC分類 361
  • Cコード C3036

内容説明

近代の、いわば時代の申し子である社会学は、21世紀への変わり目に、われわれに何を提示できるのであろうか。いま、直面する社会変容を描く。

目次

モダニティの非連続性
安心と危険、信頼とリスク
社会学とモダニティ
モダニティ、時間、空間
脱埋め込み
信頼
モダニティの再帰性
モダニティか?ポスト・モダニティか?
モダニティの制度特性
モダニティのグローバル化
二つの理論的視座
グローバル化の諸次元
信頼とモダニティ
抽象的システムにたいする信頼
信頼と専門家知識
信頼と存在論的安心
前近代的なものと近代的なもの
抽象的システムと親密な関係性の変容
信頼と対人関係
信頼と人格的アイデンティティ
近代世界のリスクと危険
リスクと存在論的安心
適応反応
モダニティの現象学
日常生活における脱熟練化と再熟練化
ポスト・モダニティ論にたいする反論
超大型トラックに乗って
ユートピア的現実主義
未来への方向づけ―社会運動の役割
ポスト・モダニティ
近代は西欧的企てか?
結論的所見
付論 モダニティと理想社会