流行歌「ミス・仙台」―郷土・仙台の近現代史散歩

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 285p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784873411965
  • NDC分類 212.3
  • Cコード C1021

内容説明

広く市民に歌われたご当地ソングの謎を追った「流行歌『ミス・仙台』」のほか、「市民が愛した仙台四郎」「東北帝国大学の誕生」「進駐軍の命により」など5話を収録、「仙台万華鏡」では仙台に競馬場があった話、仙台空襲の状況などを紹介している。

目次

市民が愛した仙台四郎
賊軍にされた戊辰戦争
東北帝国大学の誕生
大正時代を歩いてみた
流行歌「ミス・仙台」
進駐軍の命により
仙台万華鏡

著者等紹介

石澤友隆[イシザワトモタカ]
昭和9年、仙台市に生まれる。昭和33年早稲田大学卒業と同時に河北新報社入社、長いこと記者を務め、平成6年3月広報局長を最後に定年退職。河北新報社社友(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。