アメリカ横断 我ら夫婦ふたり旅―14days

電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

アメリカ横断 我ら夫婦ふたり旅―14days

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 148p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863112643
  • NDC分類 295.3
  • Cコード C0095

内容説明

夫婦でトライ!14日間の旅!

目次

ロサンゼルス国際空港到着!
ロサンゼルス→ラスベガスへ
ラスベガス→カエンタへ
カエンタ→グランド・キャニオンへ
グランド・キャニオン→セドナへ
セドナ→ツーソンへ
ツーソン→(寝台列車)→ニューオリンズへ
フレンチクオーター(ニューオリンズ旧市街)
ニューオリンズ→オカラへ
オカラ→オーランド(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート)
オーランド→マイアミビーチへ
マイアミビーチ→キーウェスト(ゴール!)
いよいよ帰国…(寂)

著者等紹介

山本あり[ヤマモトアリ]
漫画家、イラストレーター。東京都出身。「食」が好きすぎて高校在学中に調理師免許を取得。桑沢デザイン研究所卒業。国内外のパンを食べ巡った『パンは呼んでいる』(ガイドワークス)など著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

じいじ

78
マンガで綴る〈アメリカ横断・仲良し夫婦の旅物語〉です。おもしろくて、そして羨ましい気持ちをちょっぴり抱きながら読み終えました。ロスからアリゾナ州のサボテンが有名な都市ツーソンまでは、旦那が一人でハンドルを握って6日間のレンタカーの旅。そこからは大陸を横断する寝台列車に揺られて、ゴールはディズニーランドのあるフロリダ、トータル14日間の中身の濃い旅です。こんな仲睦まじいご夫婦が練りに練った手作りの旅を、私も55年連れ添った妻と、30年前にやってみたかったと思いました。2021/12/08

yomineko@怪我しちゃった

61
凄く良かったです~アメリカと日本の大きさを比べると日本が余りにも小さくてwハワイを思い出す食べ物の量の多さ!凄く贅沢かつ素晴らしい旅を満喫しておられます。155㎝の小柄な著者はかなりの大食漢でビックリです!アメリカに行きたいです🎵ディズニーワールドは122㎡じゃなくて122k㎡なんですね~って当たり前ですがスケールの大きさに惹かれます。しかもすいているらしいですね👍👍👍2022/08/25

ぶんこ

48
めちゃくちゃ面白かったです。ご夫婦の庶民性に好感度大。心配するところ、楽しむところが共感できて一緒に旅しているようでした。グランドキャニオンでは国立公園内のホテルに泊まりたいし、キーウエストのヘミングウェイの猫屋敷となっている邸宅に行って、6本指の幸運猫にも会いたい。それにしてもヨウさんの運転は凄い!交代することなくお一人で運転しきったとは。このご夫婦、なんだかほっこりします。2021/09/04

Syo

28
めっちゃいい。 アメリカ横断したい。2021/01/16

どあら

17
図書館で借りて読了。2022/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15674709
  • ご注意事項