椅子と日本人のからだ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794965967
  • NDC分類 383.9
  • Cコード C0036

内容説明

床坐の文化をバックグラウンドに持つ日本人にとって、自然な立居振舞い、姿勢とはどのようなものか?長時間坐っても疲れない心地よい椅子の坐り方とは?日本人の身体技法の研究や民俗史的分析をふまえ、腰痛や肩こりなどの生活習慣病に悩まされがちな現代人に、椅子と快適につきあうための秘訣を伝える、生活文化誌エッセイ。日本人の身体的特徴、生活習慣、風土などにあった「坐る技術」を説く、椅子と姿勢の技術論。

目次

第1章 正しい姿勢の理論と実際
第2章 日本文化における椅子と身体
第3章 西洋文化における椅子と身体
第4章 暮らしの中の身体と道具
第5章 暮らしの中の体育
終章 身体技法と物づくり

著者等紹介

矢田部英正[ヤタベヒデマサ]
1967年東京武蔵野市生まれ。筑波大学大学院修了。体育学修士。学生時代は体操競技を専門とし全日本選手権、インカレ等に出場。選手時代の姿勢訓練が高じて日本古来の身体技法を研究する。姿勢研究の一環として99年より椅子の開発に着手。国際日本文化研究センター特別共同研究員を経て、2002年文化女子大学大学院博士課程修了(被服環境学)。身体を軸とした「物づくり研究」は、椅子、食器、服飾、建築と広い守備範囲をもつ
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。