精神の生態学 (改訂第2版)

精神の生態学 (改訂第2版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 669,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784783511755
  • NDC分類 493.7

内容説明

文化とは?性格とは?病気とは?情報とは?進化とは?意識とは?文明とは?環境とは?芸術とは?神聖とは?物象科学の思考を捨て、関係性を問いつめ、マインドの科学を築いていった巨人ベイトソンの全軌跡。

目次

第1篇 メタローグ(確率論の基礎講義―物はなぜゴチャマゼになるのか;メタメッセージとは何か―フランス人の手ぶり ほか)
第2篇 文化と型式(関係の力学から文化の総体を見る―文化接触と分裂生成;科学とアナロジー思考―民族の観察から私が進めた思考実験 ほか)
第3篇 関係と病理(性格を形成する学習とは―社会計画と第二次学習;「うそ」と「ふり」のパラドックス―遊びと空想の理論 ほか)
第4篇 情報と進化(進化論の考え方についての提言―生物学者と州教育委の頭のからっぽさについて;ラマルクとダーウィンの対立を止揚する―進化における体細胞的変化の役割 ほか)
第5篇 生命と認識(「意味」とは何か―サイバネティックスの説明法;コミュニケーションの発生と進化―冗長性とコード化 ほか)
第6篇 文明と健康(今世紀に起こったもっとも重要な二つの事件―ヴェルサイユからサイバネティックスへ;「パワー」と「コントロール」の神話を撃つ―エピステモロジーの正気と狂気 ほか)