Truth in fantasy<br> 名刀伝説

個数:

Truth in fantasy
名刀伝説

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月19日 00時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 193p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784775303290
  • NDC分類 756.6
  • Cコード C0039

内容説明

日本の神話伝承・古典芸能に登場する刀剣をまとめて紹介。時系列に添い、神代~近現代に成立した、刀剣が登場するエピソードを対象とし、記紀神話から民間伝承、能・狂言、歌舞伎と文楽(浄瑠璃)、落語から戦前・戦後の映像作品まで、多岐に亘る伝承と芸能の世界から39項目を取り上げた。

目次

第1章 古代・平安(十握剣(天之尾羽張)―イザナギノミコト
草薙の剣(天叢雲剣)―ヤマトタケル ほか)
第2章 中世・戦国(古備前友成―能登守教経;手水鉢切りの名刀―梶原平三景時 ほか)
第3章 織豊・江戸(赤穂義士の愛刀;友切丸・北辰丸―花川戸助六 ほか)
第4章 江戸幕末(家宝の名刀・祝宴の名刀―菊地半四郎・美濃部伊織;平手造酒の刀―平手造酒 ほか)

著者等紹介

牧秀彦[マキヒデヒコ]
1969年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。大学在学中より夢想神伝流居合道をはじめ、現在四段(全日本剣道連盟)。メーカー勤務・雑誌記者を経て、執筆活動に入る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みや

33
日本の神話伝承や古典芸能に登場する刀剣を紹介する歴史教養本。刀剣に関してはどの方向性も興味があるが、その中でも特に好きな逸話・物語に特化している。初めて聞く刀剣もあり、とても参考になった。現存しない、そもそも実在すらしていない刀剣を多く扱っているのは珍しい。ただの逸話に留まらず、能や歌舞伎、浄瑠璃として昇華された物語を取り上げているため、一振りごとの紹介が充実していて読み応えがあった。妖刀村正の「籠釣瓶花街酔醒」、菊水の宝剣の「蘭奢待新田系図」、来一門と正宗が交流する「新薄雪物語」などが特に面白そう。2020/05/20

檜村

13
刀は好きな方だけど知識や歴史には疎く、この本を読んで正解だった。神話から幕末までの名刀にまつわる逸話が記されており、人間あって刀ありのロマン溢れる内容でした。興味深かったのはやはり長曾根虎徹。2017/06/07

森川誠太郎

4
名刀が語る幾つかの伝説。多くの刀が歴史を動かし現在があると言っても過言ではない。歴史好きな方にオススメします。2013/05/21

遠夜

3
某刀ゲーのあれで。 実在のものと創作上のものがごっちゃなので、ちょっと読みづらかったかな。 でもとっかかりにはちょうど良いのかも 2015/02/03

3
某刀ゲームの影響で…w2015/01/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/496491
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。