ハルキ文庫<br> 柳生双龍剣

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハルキ文庫
柳生双龍剣

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 225p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784758431446
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「加賀前田家・ご継嗣を殺めよ」一六一九年、徳川頼宣の転封に伴い、紀州田辺に移った附家老・安藤帯刀が、飛騨忍び“燕忍群”の棟梁に仕事を依頼した。一方、老中・土井利勝の甥、槇十四郎正方は、熊野街道で瀕死の重傷を追った忍びを助けるが、介抱むなしく事切れる。その後、桑名に向かった十四郎は、将軍家指南役柳生の嫡男、七郎とばったり出会う。紀州の陰謀を巡る柳生と燕忍群の血煙吹き上がる死闘が火ぶたを切る!槇十四郎正方シリーズ、待望の第二弾。

著者等紹介

長谷川卓[ハセガワタク]
1949年、神奈川県小田原市生まれ。現在、静岡県清水市在住。73年、早稲田大学大学院文学研究科“演劇専攻”修士課程卒業。80年、「昼と夜」で群像新人文学賞を受賞。81年、「百舌が啼いてから」で芥川賞候補となる。2000年、『血路―南陵七ツ家秘録』で第2回角川春樹小説賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。