不可触民とカースト制度の歴史

不可触民とカースト制度の歴史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 280p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750308548
  • NDC分類 362.25
  • Cコード C0022

出版社内容情報

インド社会を特徴づけるカースト制度。その複雑な構造を成立から現在に至るまで通時的に解説。叢書『カースト制度と被差別民』の研究成果を踏まえたカースト制度の決定版通史。

序 「ヴァルナ=ジャーティ制」としてのカースト制度
1 カースト制度形成への過程
 一 古代インドのヴァルナ制
 二 カースト制度の形成へ
2 中世カースト制社会の構造と動態
 一 カースト制的序列関係
 二 カースト集団の構造
 三 両義的存在としての不可触民
 四 カースト制度と国家
3 植民地支配下のカーストとカースト制度
 一 「ヒンドゥー法」とヴァルナ制
 二 「カーストの自治」政策
 三 インド社会の「カースト化」の進展
 四 不可触民と不可触民解放運動
4 独立後のカースト制度と不可触制
 一 法制改革とカースト制度
 二 留保政策(リザベーション)とカースト

目次

1 カースト制度形成への過程(古代インドのヴァルナ制;カースト制度の形成へ)
2 中世カースト制社会の構造と動態(カースト制的序列関係;カースト集団の構造 ほか)
3 植民地支配下のカーストとカースト制度(「ヒンドゥー法」とヴァルナ制;「カーストの自治」政策 ほか)
4 独立後のカースト制度と不可触制(法制改革とカースト制度;留保政策(リザベーション)とカースト)