有斐閣選書<br> 日朝交流史―新しい隣国関係を構築するために

有斐閣選書
日朝交流史―新しい隣国関係を構築するために

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641182363
  • NDC分類 210.18
  • Cコード C1322

内容説明

日本列島と朝鮮半島は、同じく東アジアに属し、玄界灘をへだてて隣接している。もちろん日本史と朝鮮史は、それぞれ列島と半島の枠組みの中で独自の道を歩んできたが、同時に、古代以来の交流を通じて深い影響を分かちあってきた。日本と朝鮮との間に結ばれた深い絆を知ることは、日本の歴史像を広い視野でとらえ直し、国境の枠組みを超えて、隣国への身近さを深めることに寄与しよう。隣国同士が本来いかにあるべきか。現在が過去を切り離してありえないように、未来もまた現在を切り離してはありえない。二千年余にわたる交流史の光と影を直視し、隣国同士の新しい関係を考える。

目次

第1章 古代の朝鮮と弥生・古墳時代
第2章 倭国と渡来人
第3章 百済の滅亡と新羅との葛藤
第4章 元寇と室町時代の交隣関係
第5章 豊臣秀吉の朝鮮侵略
第6章 江戸時代の交隣関係
第7章 「交隣」から「征韓」への転回
第8章 統監政治と「併合」への道
第9章 植民地支配下の朝鮮
第10章 十五年戦争下の朝鮮
第11章 植民地からの解放と分断
終章 「在日」を生きる