サッカーが世界を解明する

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560049754
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

出版社内容情報

90分では終わらない!壮大かつディープな物語。
ベオグラード、リオ、バルセロナ、テヘランなど、過熱する各国のサッカー最前線を現地取材、グローバル化が進む《世界》の今が見えてくる、渾身のルポルタージュ。
宇都宮徹壱氏推薦!

目次

第1章 ギャングスターたちのパラダイス―ベオグラード
第2章 セクト主義の好色性―グラスゴー
第3章 ユダヤ人問題―ウィーン
第4章 フーリガンたちの郷愁―ロンドン
第5章 幹部たちの存亡―リオ・デ・ジャネイロ
第6章 黒いカルパティア山脈―リボフ
第7章 新しい寡頭資本家の台頭―ミラノ
第8章 ブルジョア国家主義の控えめな魅力―バルセロナ
第9章 イスラムの願い―テヘラン
第10章 アメリカの文化紛争―ワシントン

著者等紹介

フォア,フランクリン[フォア,フランクリン][Foer,Franklin]
『ニュー・リパブリック』の編集主任。『ニューヨーク・タイムズ』、『ウォールストリート・ジャーナル』に寄稿し、サッカーを論じられるアメリカ新世代のジャーナリストとして、高い評価を受けている

伊達淳[ダテジュン]
1971年生。関西学院大学商学部卒業。東京外国語大学欧米第一課程卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こずえ

1
読むの遅くて…(泣)「エーコとサッカー」の後にこれが読めたのは本当に偶然ながらもいい流れ。つまりはエーコが嫌いな「サッカーと社会の絡まり具合」が記されてる本。面白かった。「日本のサッカー界は美しい」ってよく海外から言われる意味も理解できます。その辺見据えちゃうとW杯優勝とか気が遠くなるのだけど。2014/07/07

ネネムム

0
日本にいては体感できない世界のサッカーと社会や宗教などのさまざまな関係。海外リーグとの熱量の違いは、そういったサッカー以外のところに派生した誇りや尊厳の有無ではないかと思う。2014/04/30

No name

0
フットボールをメタファーに、セクト主義、フーリガンなど、思想や政治的な側面を取り扱っている。

taskun

0
世界のサッカーは、思っていた以上に思想、宗教、政治等と複雑に絡み合っていることを思い知らされた。そのチームのレプリカユニを着ているだけで、殺されたり差別されたりすることが実際にあるのは残念なことだ。レッドスター、セルティック、レンジャーズ、チェルシー、トッテナム、ミラン、レアルなどのダークサイド。そしてブラジルとイタリアの堕ちるところまで堕ちた腐敗。だがそれでもフットボールは続く。2010/12/15

bpm95

0
あらゆる場所にサッカーが。2010/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/267402

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。