統計的データ解析入門 実験計画法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 121p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784489007255
  • NDC分類 417.7
  • Cコード C0041

内容説明

実験計画法の理論とその適用法を、見開き2ページで解説する。データ解析では、質のよいデータを得ることが最も重要で、質の悪いデータから意味のある結論は得られない。分析をスムーズに進めるためのよいデータを得る方法論の集大成が実験計画法なのである。本書では実用面を強調するためEXCELの統計関数、統計ソフトSPSS、JMPを用いた分析の方法、ならびに出力の読み方も紹介。大学院生、実務に携わる研究者必読の教科書。

目次

第1章 実験計画法の基礎事項(実験計画法とは;実験計画法の必要性 ほか)
第2章 種々の実験計画法とデータ解析(1因子2水準実験(2群の比較)の手順
1因子2水準実験(2群の比較)の実際 ほか)
第3章 2水準型要因計画とその実際(完全実施要因計画と主効果;完全実施要因計画における交互作用 ほか)
第4章 応答曲面法(応答曲面法とは;1次の計画と方向の探索 ほか)
付録

著者等紹介

岩崎学[イワサキマナブ]
1952年静岡県に生まれる。1977年東京理科大学大学院理学研究科修士課程数学専攻修了。1988年理学博士(東京理科大学)。成蹊大学理工学部情報科学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Sean

3
丁寧なレビューかと。冒頭がカッコいい。2017/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1824813

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。