ちくま文庫<br> 信じることと、疑うことと

ちくま文庫
信じることと、疑うことと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 212p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480031570
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

「大きなうそも、声高に叫べば信じられる、といったのはナチの宣伝相だったが、うそをつき続けた彼の、唯一の真理の言葉がこれであった」昨今の“声高な言葉”を安易に信じてしまう危険性を指摘し、本当にわかるということは、どういうことかを考える一冊。オウム、住専、TBS問題…様々な嘘が明らかになった。だまされた側の責任とは。

目次

管理社会の時代は、もう来ているのか
「うそ」が信じられる時代
沈黙に耳を
子供の単純素朴さと独断と偏見
ある奇妙な記事
遅れているのか、だまされているのか?
公平と不人情について
昔とはいつのこと
ことばの役割

著者等紹介

なだいなだ[ナダイナダ]
1929年、東京に生まれる。慶応義塾大学医学部卒業。作家、精神科医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Ribes triste

10
1982年から1984年に書かれたエッセイ。中川一郎や戸塚ヨットスクールなどの昭和の話が出て、回顧気分になる。古い本だが、なださんが語ることの本質は変わらない。なださんの論理展開は、明快で突拍子もなく、それでいてユーモラスで読んでいてホッとさせられる。今のネットに氾濫する情報は真実も嘘も混沌とし、分割して読み解くことがさらに難しくなっている。そしてもう、なださんの新しい本は読めないのだと思うと寂しい。2019/08/09

うちこ

3
1985年のエッセイ集です。このかたのエッセイはどれも昔書かれたものなのに、今読んでもあたらしい。古くないのではなく、あたらしい。 どのエッセイも "気づく人は気づくけれど、気づかないままいければ、それはそれで死ぬまで気づかないならばしあわせ。でも考える体力がなくなってから気づくのはしんどい。だから考える力があるうちに自分の中にいちど落とし込んでみたほうがいいよ" といような、そういう性質のことを書かれているように見えます。2018/06/26

フィッシュイーターザウルスの森のバター炒め

1
なだいなだの著書を読んだのは初めてである。なだはこの著書で大々的なスローガンへの盲目的服従の危機感を表明しているが、それが実は開かれた世界への不安から生じたマス(公式的な語彙の多用やオーソリティの付与、数)的なコミュニケーションと表裏一体であると言う言及は卓見であると思うし、それへの反抗として肉声やそれを産み出す(弱弱しい)歴史を持つ主体性を常に意識しようと言う発想は、今の社会に於いて尚大事であると思う。文体は軽妙で少し筋を追いづらい嫌いもあったがそれでも面白かった。2021/05/30

A2

1
世の中には三つの嘘がある。大きな嘘。真っ赤な嘘。数字の嘘。信じろとは一言もいっていないのに読めば読むほど信じることの危うさ、大切さが肌感覚でわかる。(わかったつもりになっているだけだろうか?)疑うことでしか正当化できなかったわからないという目の前の事象にいつから「わからない」と言えなくなったんだろう。だいたいのことを○○なつもりだとか、わかった、で済ましてしまって結局意見すら誰かのコピーで、白か黒しかない世界はとてもとても生きづらいなぁ。2012/03/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/446910

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。