ちくま文庫<br> 夏目房之介の漫画学―マンガでマンガを読む

ちくま文庫
夏目房之介の漫画学―マンガでマンガを読む

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 250p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784480026255
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

内容説明

手塚治虫、桑田二郎、杉浦茂、山岸涼子などの名作を、模写(マネ)することによって分析する異色マンガ論。「模写することは、なかば原作者になりきることであって、描いた人の気持ちまでワカる気がする」と断言する著者が、戦後マンガを縦横無尽にブッタ斬る。

目次

1 なつかしのマンガたち
2 マンガの過熱時代
3 マンガ女体論
4 コマについての2~3の事柄
5 マンガ家の実像と感性

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ばりぼー

23
「マンガによる、マンガのための、マンガについての本」。他人のマンガはすべて著者の夏目房之介氏(漱石の孫)が模写したもので、これは表彰ものの名人芸です。昭和30年代に登場した『まぼろし探偵』『月光仮面』『ナショナル・キッド』などの月刊漫画誌のレトロなヒーローを紹介する『なつかしのマンガたち』、少年週刊誌が市場を席巻しTVアニメが隆盛を誇った昭和40年代を熱く語る『マンガの加熱時代』、少女マンガを含めた女体の神秘『マンガ女体論』(お尻作家あてクイズがナイス!笑)など、漫画の歴史を俯瞰した労作と言えます。2017/08/21

佐島楓

16
マンガコラムニスト・夏目房之介さんの本。戦後少年漫画史がわかるだけでなく、夏目さんご自身による有名漫画の模写がたくさん見られる。模写というのは作者に大変な思いいれと敬意がないとできないと思う。そういった意味で夏目さんの漫画に対する物凄い愛情が感じられる一冊である。2013/05/14

左手爆弾

2
マンガでマンガを読み解く。ポイントは「線」と「コマ」。漫画家ごとの特徴を線とコマ割りで細かく分析、というか変態的なまでに忠実に再現してみせる。圧巻なのはやはり「女体論」で、スレンダーで美しい女体、丸っこくてだらしない女体まで、様々な女体を「線」によって描き分ける。得意なものと苦手なものでやはり線のタッチが違う。マンガの本質と醍醐味を楽しめる一冊。ちなみに、ドラゴンボールやワンピースは出てこないよ。2016/10/15

sigismund

2
コマと線からマンガの歴史や背景を捉えてゆく、という内容がとても面白い。特に山岸涼子の「線の中性化」から、凹凸も性別も無いいわゆる「ロリコン」系の線へと話を持っていくあたり、かなりエキサイティングに読めた。2012/05/06

boya

1
だいぶ古い本だが、こうした漫画論はやはりおもしろい。70~80年代の名作系マンガを読んでいることが条件ではあるが。漫画文法やオノマトペに関する解説本は、さらに時代を下って「別冊宝島EX マンガの読み方」(同著者も寄稿)という名著を生んでいる。2012/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/28898

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。