法律学講座双書
新版 法哲学概論 (新版(全訂第2版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 365,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784335302077
  • NDC分類 321.1
  • Cコード C1332

内容説明

正義論を中心に現在の議論をふまえて全体に手を加えた最新版。現代経験論の陣営に属する法哲学界の重鎮が示す法哲学の真髄。

目次

第1章 序論
第2章 法の概念
第3章 社会統合と言語
第4章 記号の意味と解釈
第5章 法解釈学の性格と任務
第6章 法の経験科学
第7章 正義論の基礎―メタ倫理学の諸問題
第8章 正義論の歴史
第9章 現代の正義論

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

1
哲学的な法の捉え方。2022/01/17

mkn 14th

0
名著2016/11/28

0
現代合理主義の立場から書かれた、法哲学の概説書。法哲学の伝統的な問題領域を背景としつつ、哲学一般の問題の考察の後、その一事例として法哲学的問題に言及している。2012/10/21

あかべえ

0
どちらかというと哲学的な要素が強い。個人的にはこれぞ法哲学!という感じがして好き。正義論(法価値論)にかんする記述はあまりないが、メタ倫理学や分析哲学に関する記述が多くてためになった。これは、別に哲学徒が読んでもよいのではないかと思うくらい。近世自然法の系譜の章で、プーフェンドルフ、トマジウス、ヴォルフ等々いままでしっかりやってこなかったので、読んださきから内容が頭から抜けて苦戦。。。 2011/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/239263

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。