プロ野球「人生の選択」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784331509432
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0075

内容説明

球が遅くても、ドラフト外のノンキャリア組でも、プロとして立派に生きられる。プロ野球が教える、生き残るための「人生の選択」。

目次

第1章 「野球は天職ではない」と言った二人の天才(前田智徳―天才ゆえの孤高なる思考;「死んだはずの天才」を見る喜び ほか)
第2章 松井秀喜の選択(プロの洗礼;進化する怪物 ほか)
第3章 あがく男たちの選択(ドラフト会議―球団の選択と人生の選択は違う;西本聖―「スタートがいきなり逆境」だった男の選択 ほか)
第4章 監督たちの選択(フロントの選択ミスは致命的;もし、ここに古田がいたら… ほか)
終章 「巨人」という人生の選択(大森剛―あくまでも「巨人」を選択した男;入団六年目にしてやっと手にしたレギュラーポジション ほか)

著者等紹介

二宮清純[ニノミヤセイジュン]
1960年愛媛県生まれ。日本大学商学部卒。スポーツ紙・流通紙の記者を経て、スポーツ・ジャーナリストとして独立。独自の視点と取材力に基づいた執筆やコメントで多くの支持を集め、新聞、雑誌、テレビ、講演等で幅広く活躍中。ネットを通じたスポーツ関連情報の発信にも精力的に取り組む
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。