音楽する社会

音楽する社会

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 202,/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784326650972
  • NDC分類 760.13

出版社内容情報

この20年のメディアの激しい変容,それをうけて音楽,人間/社会がどう変わったか。相互の関りあいを作品や現象を分析する中でダイナミックに描き,時代像,若者像に迫る。

【目 次】

 はじめに―音楽化社会論へ向けて

―――――――Ⅰ 音楽化社会の構図

1 装置との共生―マクルーハン、ケージ、シェーファー

  1 マクルーハン再考
  2 メディアとサウンドスケープ

―――――――Ⅱ 音楽家社会の諸相

2 サウンド志向

  1 音楽化の基軸
  2 日本ポピュラー音楽史にみるサウンド志向
  3 デジタル化と音楽化

3 ノリの体験

  1 ノリとはなにか
  2 ノリの条件
  3 総ノリ現象

4 時間の浪費

  1 音楽行動と時間
  2 「時間の節約」と「時間の浪費」
  3 音楽の「新奇性」と「永遠性」

―――――――Ⅲ 音楽化社会の展開

5 アイドル現象の展開

  1 アイドルとは何か
  2 アイドルの系譜
  3 元気の素としてのアイドル

6 松田聖子―消費社会のアイドル

7 サウンドスケープとしての広告音楽

  1 イメージソング以後の広告音楽
  2 広告音楽の機能


短いコーダ

文献紹介
あとがき
文献リスト
索 引

内容説明

ブリッコ、アイドル、ノリ、イメソン、MTV、CD、ビデオ、俵万智現象etc.世は変わり、歌は変わる…。メディア、音楽、人間の変容と絡みを解きほぐし、鮮明に時代の像を結ぶ。

目次

1 装置との共生―マクルーハン、ケージ、シェーファー(マクルーハン再考;メディアとサウンドスケープ)
2 サウンド志向(音楽化の基軸;日本ポピュラー音楽史にみるサウンド志向;デジタル化と音楽化)
3 ノリの体験(ノリとはなにか;ノリの条件;総ノリ現象)
4 時間の浪費(音楽行動と時間;音楽の「新奇性」と「永遠性」)
5 アイドル現象の基盤(アイドルとは何か;アイドルの系譜;元気の素としてのアイドル)
6 松田聖子―消費社会のアイドル
7 サウンドスケープとしての広告音楽(イメージソング以後の広告音楽;広告音楽の機能)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とりもり

4
面白い。特に、2章「サウンド志向」と5章「松田聖子―消費社会のアイドル」が良かった。ニューミュージック、わけても「はっぴいえんど」の存在は詞・曲の両面から大きいのかなと。松本隆に関する分析が非常に興味深かった。あと、4章「アイドル現象の基盤」は、現在のAKBなどにもつながる普遍性を持った議論かなと。岡田有希子に関する考察は、ちょっと彼女のことを想い出して哀しかった。★★★★☆2020/04/05

akuragitatata

1
大変勉強になった。アイドル論の所は示唆的な記述が多い。おにゃんこクラブシステムが現在ではネットに円パワーされているという形でも読み直せるかもしれない。音楽化社会論の一書。2018/08/01

子音はC 母音はA

1
マクルーハン等のメディア論を再考し、またメディアの変遷に伴う聴衆の変容を追っていく。それらを踏まえ音楽の動向の流れを語っていき、最終的にアイドルについて論じていく。1988年刊行だが既におにゃん子クラブを(多品種少量)と評しアイドル消費の転換期を読む。現代のAKB商法に繋がる考え方が提示されている。2014/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/287228

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。