ガリレオの迷宮―自然は数学の言語で書かれているか?

個数:

ガリレオの迷宮―自然は数学の言語で書かれているか?

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 542p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784320005693
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C3040

内容説明

自然を数学的に解明する際にガリレオは様々な困難に直面した。その研究上の歩みは、迷路の中を彷徨うものであり、ガリレオを長い間捉えていた。これが「第1の迷宮」である。本書はガリレオ運動論の形成過程を歴史的に再構成することで、その迷宮の構造を解明する。また近代科学的な世界理解の基本様式は、現代の我々をも捉えている。その創設者の一人がガリレオであったという意味では、近代科学そのものが「第2の迷宮」となる。

目次

第1章 ガリレオ運動論の発展段階―分析方法と本書の構成
第2章 迷宮への入口―1604年
第3章 迷宮の手前で―初期の研究(1590年~1604年)
第4章 迷宮での彷徨1―前期の研究(1604年~1610年)
第5章 迷宮での彷徨2―中期の研究(1610年~1625年)
第6章 迷宮からの脱出―1625年頃
第7章 迷宮を後にして―後期の研究(1625年~1638年)
第8章 残された問い―晩期の研究(1638年~1642年)
第9章 ガリレオ運動論の方法―その歴史的意義と問題性

著者等紹介

高橋憲一[タカハシケンイチ]
1946年生まれ。1979年東京大学大学院理学系研究科修了。九州大学大学院比較社会文化研究院教授、理学博士。専門、科学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【第60回 毎日出版文化賞 受賞】