河出文庫<br> 西瓜糖の日々

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
西瓜糖の日々

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2021年09月22日 21時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 209p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309462301
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

コミューン的な場所、アイデス“iDeath”と“忘れられた世界”、そして私たちとおんなじ言葉を話すことができる虎たち。西瓜糖の甘くて残酷な世界が夢見る幸福とは何だろうか…。澄明で静かな西瓜糖世界の人々の平和・愛・暴力・流血を描き、現代社会をあざやかに映して若者たちを熱狂させた詩的幻想小説。ブローティガンの代表作。

著者等紹介

ブローティガン,リチャード[ブローティガン,リチャード][Brautigan,Richard]
1935‐84年。アメリカの詩人、小説家。ワシントン州タコマ生まれ。様々な職業を転々としたのち、サンフランシスコに出てビート周辺で詩を書くようになる。64年に『ビッグ・サーの南軍将軍』を発表

藤本和子[フジモトカズコ]
1939年東京生まれ。作家、翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

248
中空にぽっかりと浮かんだ詩のような小説。しかも、この物語は、より大きなメタ・フィクションの一部であるかのようなのだが、どうやらこれで自足し、完結しているようだ。iDEATHというコミューンを核とした不思議な世界がそこに現出するが、その名前からも明らかなように、そこは「死」の世界を内包しているようなのだ。静かな静かな世界―しかも、そこには西瓜糖の甘やかな香が横溢している。そして、隣接して存在する<忘れられた世界>からは、「滅び」の空虚と頽廃とが漂ってくるのである。 2012/07/25

kinkin

121
ブローディガンは「アメリカの鱒釣り」以来だ。読んだといってよいのか体験したといってよいのか戸惑いながら。本の中には始まりも終わりもない西瓜糖の世界が広がっていた。大声や喧騒のない静かな世界がキラキラと輝いているように感じた。西瓜糖の濃縮された甘さ、それが結晶化してきらめいてみえるのかもしれない。読んだ本というよりも常に読み続けている本ということにしたい。2016/08/11

蓮子

117
読友さんのお勧めから。とても良かったです。コミューン的な場所、アイデスと【忘れられた世界】、そして言葉を話すことができる虎たち。西瓜糖の甘くて儚げな世界は現実から遊離した詩的で幻想的な心象風景。しかし、そこは優しいだけの、完璧なユートピアではない。流血や自死もある。【iDeath】との名の通り、そこは最も死に近い場所なのかもしれない。もしくは目を開けたまま、束の間に見る夢なのかもしれない。「あなたがわたしの名前をきめる。あなたの心に浮かぶこと、それがわたしの名前なのだ。」2017/08/01

ケイ

116
これを書いた時代の未来に対する絶望や諦観が伝わってくるよう。不必要に発展していく時代から古い秩序ある時代への回帰願望がほのかに見える気がする。村八分的な冷たさや容赦のなさは、アメリカでは、前からの入植者と新参者との間に実際にあったのではないか。自分たちを守るために、身内のような仲間内では助け合いながらも、仲間ではない者や仲間ではなくなった者達に対する冷たさにはぞっとした。かすかに幸せも見えるが、読後にはやるせなさが残る。スイカは、甘いけれど、水っぽい。渇きや癒せても、心の飢えは癒せないのだろうか2015/08/24

ふうらいぼう

84
小説というより詩集のような雰囲気の本。西瓜糖(すいかとう)でできた建物に住む主人公や知人がおりなす幻想的なストーリー。ストーリーが面白いというわけではないけど、文章や描写の美しさが印象的。村上春樹の初期の作品とすごく雰囲気が似てるので村上春樹が好きな人ははまるかもしれません。2015/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/577336

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。