河出文庫<br> 帰ってきたアブサン

個数:
電子版価格 ¥495
  • 電書あり

河出文庫
帰ってきたアブサン

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月27日 09時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 216p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309405506
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0195

内容説明

大ベストセラー『アブサン物語』の感動をもう一度!愛猫アブサンの死から一年、著者の胸に去来するさまざまな想いを哀切に綴る表題作他「カーテン・コール」「墓」「妻が大根を煮るとき」「夏猫」「壷」等、猫が登場する傑作五篇を収録。

目次

帰ってきたアブサン
カーテン・コール

妻が大根を煮るとき
夏猫

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

o2

5
前作は面白かった。感動的ラストに涙さえした。でもこれは出すべきじゃなかった。前篇の部分部分を繋ぎ合わせたようなこの作品はあまりにガッカリさせられた。2012/07/23

sa-ki

1
私小説は苦手な上、エッセイの焼き直しはさすがに退屈。2008/12/14

駄々猫

0
村松さんの「アブサン」は読んでいたので、続編ということで手に取った。猫に関する話が5編納められていて、いかにアブサンや外猫たちが村松作品に影響を与えているかがわかる仕組み。短編小説の男性主人公の名前は違うのに、その奥さんの名前が毎回「秋子」なのは、愛妻家だから? あと、短編2編、なぜか阿刀田高作品と似た印象だった。真似とかでなく、なんでしょう、文体とかおじさんたちの会話の運びが。2010/02/01

Y

0
2019/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/503510

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。