NHK出版新書<br> 現代哲学の論点―人新世・シンギュラリティ・非人間の倫理

個数:
電子版価格
¥1,023
  • 電書あり

NHK出版新書
現代哲学の論点―人新世・シンギュラリティ・非人間の倫理

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月18日 15時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 264p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784140886670
  • NDC分類 104
  • Cコード C0210

出版社内容情報

哲学の常識は、今いかに変化しているのか?

「人間」を中心とした近代哲学の前提が今、揺らいでいる。パンデミックやテクノロジーの進化など、社会状況の変化によって、哲学には今どのような「問い」が生まれているのか?ネット時代の民主主義のあり方から、IT化と公私の変化、人新世とエコロジー、シンギュラリティとトランスヒューマニズム、動物・AIなどの「非人間」の倫理まで。哲学の最前線で起きている地殻変動を、8つの具体的な論点として提示し解説する!

《目次》
第一章 ネット時代に民主主義は可能か
第二章 人はなぜルールに従うのか
第三章 「公/私」の境界はいかに変化しているのか
第四章 「ポスト・ヒューマニズム」は何を意味するのか
第五章 動物・AIの権利はなぜ問題になるのか
第六章 哲学はエコロジーをどう捉えるか
第七章 人間を超えた世界の「科学」とは何か
第八章 コロナ時代の「自由」とは何か

内容説明

「人間」を中心とした近代哲学の前提が今、揺らいでいる。パンデミックやテクノロジーの急速な進化など、社会状況の変化によって、哲学には今どのような問いが生まれているのか?ネット時代の民主主義のあり方から、IT化による公/私の感覚の変化、シンギュラリティと人類の進化、AI・動物・クローンなど「非人間」の倫理まで。アクチュアルな問題と哲学が交差する8つの論点を、具体的な議論を通して明らかにする。

目次

第1章 ネット化する世界で「議論」は可能か―公共的理性のゆくえ
第2章 人はなぜルールに従うのか―「ルール」の起源
第3章 プライバシーは消滅するのか―変貌する公/私の境界線
第4章 テクノロジーは「超人」を創るか―ヒューマニズムvs.ポストヒューマニズム
第5章 動物やAIにも権利はあるか―非人間の倫理
第6章 エコロジーはなぜ哲学の問題になるのか―人新世と新しい実在論
第7章 科学はどこまで客観的か―ポスト・ヒューマンな「科学」論
第8章 我々は“自由意志の主体”か―「自己」決定の条件

著者等紹介

仲正昌樹[ナカマサマサキ]
1963年広島県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了(学術博士)。現在、金沢大学法学類教授。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ころこ

42
現在の社会で露になった問題を8つの①議論に結論は必要か、②ルールはどうやって決めるのか、③プライバシーの再定義、④人間とは、⑤非人間とは、⑥エコロジーの思想性、⑦科学のイデオロギー、⑧自己決定について、に焦点をしぼり、哲学の観点から論じている。興味があったのは客観性もイデオロギーだとみる②⑦だった。社会の言葉を哲学の言葉に翻訳し、問題点を整理してそれらを論じている哲学者をピックアップしている。ある見解とそれに対立する見解が現れ、当然、問題になるくらいだから結論は出ない。それらの立場に立つと、また別の観点か2023/01/11

ふみあき

14
第五章「動物やAIにも権利はあるか」で紹介されているサミュエル・バトラーの『エレホン』というディストピア小説が気になった。2022/04/07

tetsu

13
★4 「人はなぜルールに従うのか」「動物やAIにも権利はあるか」「我々は自由意志の主体か」など8つのテーマについて深く考察。これを一回で理解することはとてもできません。 何気なくスルーしている日常を掘り下げることで見えてくる深くて広い思考の世界。だから哲学は面白いのでしょう。2022/10/21

Mealla0v0

5
本書の争点は大きく2つ、公共性の今日性と非人間の哲学であると言える。ネット時代に熟議は可能か、規範になぜ従うのか、といったことがハーバーマスを中心に批判的に検討される。他方、ヒューマニズムが近代の創造物であったことはこれまでに指摘されて来た通りだが、AIの登場、動物の権利、人新世をめぐってより一層、この問題が重要になっていると指摘される。近年の話題を総括した本だがアイロニカルな視点に貫かれていながらも手際よくまとまっている印象。個人的にはモートンとハーマンの重要性を再認識した。2022/04/02

nnnともろー

4
前作から一年半くらい。コロナが収束しない中で現代哲学の役割は?根本から考える哲学だからこそ却って実践的でもありうる。2023/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19357470
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。