刑事訴訟法講義 (第2版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 487p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130323383
  • NDC分類 327.6
  • Cコード C3032

出版社内容情報

刑事訴訟法を丁寧にバランスよく解説した、実務家と理論家の共同執筆による新しいスタンダード・テキスト待望の改訂版。2005年の法改正に対応、重要論点、最新判例・学説をカバーした、学生・実務家必読の書。

内容説明

刑事訴訟法改正に完全対応、刑事手続の全体像が分かる。理論と実務を兼ね備えた、明晰かつ具体的・実践的な記述。重要論点・最新判例・主要学説を網羅。法改正に対応、待望の改訂。公判前整理手続・裁判員制度など新たな論点を分かりやすく解説。

目次

序章
第1章 日本の刑事手続
第2章 捜査
第3章 公訴の提起
第4章 公判手続
第5章 証拠法
第6章 公判の裁判
第7章 上訴
第8章 非常救済手続
第9章 裁判の執行

著者等紹介

池田修[イケダオサム]
1948年兵庫県に生まれる。1970年東京大学法学部卒業。1972年東京地裁・判事補。その後、秋田地家裁大館支部・判事補、東京地検・検事、東京地裁・判事、最高裁調査官、前橋地裁所長。2005年東京高裁・判事

前田雅英[マエダマサヒデ]
1949年東京都に生まれる。1972年東京大学法学部卒業。首都大学東京法科大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hajime

0
図書館の手続き法の本は古すぎて、資料としてはあまり・・・。 なんで、新しい本は学部生の入れないところに置かれてるんだろうか?2014/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/137275

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。