新潮選書
京焼の名工・青木木米の生涯

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106035067
  • NDC分類 751.1
  • Cコード C0323

内容説明

京都が最も輝いていた江戸時代の祇園に育ち頼山陽・上田秋成・田能村竹田らと交遊しつつ庶民の茶=煎茶ブームをささえた名工の一代記。

目次

識字木米
祇園白川のほとり
茶屋のこども
遊蕩の日々
一生の奇縁
窯ぐれて
粟田御用窯師
景徳鎮への夢
茶陶一如
交遊の周辺
清雅の交わり
暗鬱のなかで
周吉の誕生
山陽と久太の死
土と一つに

著者等紹介

杉田博明[スギタヒロアキ]
京都市生まれ。1960年、京都新聞編集局に入社。文化部、美術部、社会部などをへて編集委員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。