トラウマの国

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104738014
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

「本当の自分」って、何なんだ!?「トラウマセラピー」で懸命にトラウマを探す人、「ユーモア学校」に入学したのに笑えない人、過激な「セックス本」に狂奔する女性、「田舎暮らし」や「資格」に夢中になる人…平成ニッポンの奇妙な精神性をユーモア溢れる筆で描き出す。

目次

トラウマへの道―本当の「自分」
ふつうの人になりたい―「子供」の作文
ゆとりの勉強―「教育」の空回り
生きる資格―「能力」の時代
もっとユーモアを―「話し方」の学校
Simple & Clear?―ビジネスマンの「英語」
お金の気持ち―「地域通貨」の使い道
妻の殺意―「夫婦」の事件
愛の技法―「セックス」を読む女
生きざま革命―「日本共産党」の人びと
せわしないスローライフ―「田舎暮らし」の現実
自分とは何か―「自分史」を書く

著者等紹介

高橋秀実[タカハシヒデミネ]
1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経てノンフィクション作家に
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ばんだねいっぺい

29
 会話のなかで軽く「トラウマだよねー」とか言う分にはあれだが、「じゃあ、あなたのトラウマは?本当の自分は?」と尋ねられれば答えに詰まる。小学校の頃って、結構、タイトなスケジュールだったんだなー。くつろぎが欲しくなるわけだ(笑)2019/02/10

高橋 (犬塚)裕道

11
星3.5。一つのテーマで書かれた本ではありません。雑誌等に書かれたものを集めたものです。なので各章のつながりが見えなくて最初は戸惑った。 でも面白かった。トラウマがなくては人ではない!位に思い込んでしまう人々、あるかないか分からないトラウマを見つけ出し取り除くことに歓びを見いだす人。 その他色々な現実と重いとの狭間で食い違いに悩んだり、諦めたりする人々の小さなボケというかガッカリに小さく突っ込む作者が面白い。 それにしてもトラウマなくしては、挫折なくしては人ならざるのか?2019/11/10

桜井くん相葉くん寺くん

7
読友さんの感想を読んで興味が湧き手に取る。高橋秀実の本を初めて読んだ。十年程前の日本の少しいびつな世界をルポルタージュ。それぞれ平和ボケの姿と言えばそれまでだが、妻のDVや田舎暮らしの実際等、考えたら結構深刻に至る内容もある。あっさりとした記述と邪魔にならないユーモアが良い。資格の話なんて同感だ。日本共産党には脱力。カバーや本文のカットも可愛らしい。この人の他の本も読んでみたい。良かった。2013/05/02

今庄和恵@神戸元町コネクトロン

3
2005年出版の本なのに、すごい昔のことのように感じられる出来事の数々。この頃はこういう現象が現れだした時だったのかな。さぞかし物珍しい感があったかもしれないけど、いまやすっかり日常と化しているのだろう。解釈はあまりされてないですが、個人的に一番納得したのは「せわしないスローライフ」。エコやロハスやスピをやりながら、ちっとも楽そうに見えない人がいっぱいいるよね、いまは。2012/05/13

haruhi

2
思い出したトラウマに救われる現代人、小学生に作文を書かせると「疲れた」「眠っているときが幸せ」が続出、地元で知られていない地域限定通貨、ユーモア教室に通うマジメな人々。滑稽だけど真摯に生活する、普通の日本人をルポしたアンソロジーでした。 最初は「こういうバカさって、自分にもあるよなー」とかなしい気持ちになったけど、読み終わったあと「バカでもなんとか、がんばってるんだよ!」と妙な力が湧いてきます。2011/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/518983

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。