新潮文庫<br> 沈黙の春 (改版)

個数:
電子版価格 ¥781
  • 電書あり

新潮文庫
沈黙の春 (改版)

  • ウェブストアに32冊在庫がございます。(2024年03月01日 00時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102074015
  • NDC分類 519
  • Cコード C0161

内容説明

自然を破壊し人体を蝕む化学薬品。その乱用の恐ろしさを最初に告発し、かけがえのない地球のために、生涯をかけて闘ったR・カーソン。海洋生物学者としての広い知識と洞察力に裏付けられた警告は、初版刊行から四十数年を経た今も、衝撃的である。人類は、この問題を解決する有効な手立てを、いまだに見つけ出してはいない―。歴史を変えた20世紀のベストセラー。待望の新装版。

目次

明日のための寓話
負担は耐えなければならぬ
死の霊薬
地表の水、地底の海
土壌の世界
みどりの地表
何のための大破壊?
そして、鳥は鳴かず
死の川
空からの一斉爆撃
ボルジア家の夢をこえて
人間の代価
狭き窓より
四人にひとり
自然は逆襲する
迫り来る雪崩
べつの道

この商品が入っている本棚

1 ~ 8件/全8件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

457
あまりにも有名な環境問題の古典的名著。これが書かれたのは、もう50年以上も前なのだが、まったく古びることがない。使われている薬剤こそ違え、今も「沈黙の春」の危機が厳然とあるからだ。DDTから始まった害虫駆除の薬剤が、メトキシクロール、クロールデン、ヘプタクロールと、どんどんと強力なものにエスカレートしてゆく。なぜなら、昆虫に耐性ができてゆくからだ。そして、この終わりなき戦いの行き着く果てが「沈黙の春」なのだ。カーソンの、害虫を殺すことは生態系そのものを圧殺することだ、との警鐘は今も鳴り響き続けている。2015/04/02

ehirano1

187
冒頭からSFホラーかと思うくらい背筋を凍らせるライティングは圧巻。一方で、「生物濃縮」という概念を世に広めるきっかけになったという意味では大変優れた役割を果たしたのですが、化学物質使用を発狂的に取り締まったことで生じた伝染病拡大による悲劇を生じてしまったことも事実。その意味で、世界に影響を与えたことは間違いないと思いました。2023/09/09

Gotoran

150
約半世紀前、米国の生物学者(著者)が、世界の協力者から提供された研究・調査資料を克明に調べ上げ、自身の広い知見と洞察を加え、自然生態系への農薬(化学物質)汚染の実態を世に知らしめた先駆書。農薬の大量撒布で春になっても鳥の囀りが聴かれず、人体も侵されていく有様を17章に亘って、詳細かつ強力に諄いぐらいに、繰り返し訴え、人類存続のための警鐘を鳴らしている。自然、生き物をこよなく愛するが故の著者の強い思いが伝わってきた。豊かさ追求からくる人間のエゴの払拭、自然、生き物に対する畏敬の念について思いを馳せた。2011/12/15

HIRO1970

148
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️本年15冊目。実家の父のオススメで借りてきました。題名は知っていましたが、ずっと放射能の話だと思い込んでいて未読でした。読んでみて昔読んだ有吉佐和子さんの複合汚染を思い出しましたが、本書は更に17年も前の62年に書かれていた事を知ってかなり衝撃を受けました。インターネットが無い時代にどうやって状況証拠と因果関係を紐解く事が出来たのか、たゆまぬ努力と深い洞察力、又未来を予見し喝破する見識に瞠目しました。終盤に解決策の提案があり大分救われました。一度は手に取るべき先達の警告だと思います。2020/04/08

kaizen@名古屋de朝活読書会

148
Dichloro diphenyl trichloroethane(DDT:ジクロロジフェニルトリクロロエタン)日本でも大量にまき散らされた薬品。アメリカからの警告。注をつけずに参考文献をつけたという。できれば、注は注でつけて欲しかった。注を読むのが面倒な人は読まないから。図書館で文学の棚になかった。2013/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1162
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。