新潮文庫<br> 螺旋階段をおりる男―女検事 霞夕子

電子版価格 ¥550
  • 電書あり

新潮文庫
螺旋階段をおりる男―女検事 霞夕子

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784101443027
  • NDC分類 913.6

内容説明

他人の目には理想のカップルだが、二人だけになると異常な嫉妬を露わにする弁護士を夫に持った妻の孤独な悩みと、終日妻への不信感に苛まれるその男。―現代人が直面するさまざまな疲労・倦怠・空虚と、一歩間違えれば悲劇が生まれる現代の恐怖を題材にした表題作ほか、いずれも一見平穏な日常生活の下に潜む意外な犯意や、犯人の心理を鮮やかに捉えた2編を収録する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

まひはる

5
他人の目には理想のカップルだが、二人だけになると異常な嫉妬を露わにする弁護士を夫に持った妻の孤独な悩みと、終日妻への不信感に苛まれるその男。―現代人が直面するさまざまな疲労・倦怠・空虚と、一歩間違えれば悲劇が生まれる現代の恐怖を題材にした表題作ほか、いずれも一見平穏な日常生活の下に潜む意外な犯意や、犯人の心理を鮮やかに捉えた2編を収録する。 2021/03/06

ますみ

2
出版されてからかなり経ってますが、それでもけっこう楽しめます。これは短編集だったのだけど、その分、リズムがよかったかも。2019/10/10

さだはる

2
2017年14冊目。特にひねりがあるわけではありませんが、安定感抜群で面白かったです。脳内変換で霞夕子が市原悦子さんになってしまうんですけど、なんでかなぁ。2017/04/13

K K

2
非常に楽しめました。1988年作品というから驚き。やはり夏樹静子はいいですね。特に嫉妬深い弁護士の話は面白かった。2016/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/43071

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。