講談社選書メチエ<br> ナチズム極東戦略―日独防共協定を巡る諜報戦

講談社選書メチエ
ナチズム極東戦略―日独防共協定を巡る諜報戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062580960
  • NDC分類 319.340
  • Cコード C0322

内容説明

1930年代、ナチス・ドイツ。党・外務省・国防軍の熾烈な権力闘争で極東外交がゆれうごく。無関心なヒトラー、「親日」リッベントロップ、「親中」国防軍、「反共」カナーリス…。混乱と無秩序のなかで、なぜ「日独防共協定」は成立したのか。大戦への発火点を、外交・諜報の両面から精緻に検証する。

目次

プロローグ それぞれの死
第1章 ナチズムの極東政策
第2章 挫折した交渉 1935年9月~12月
第3章 第2次交渉の暗闘 1936年1月~11月
第4章 反ボルシェヴィズム
第5章 情報交換と破壊工作
エピローグ スターリン暗殺へ