講談社現代新書
睡眠障害

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 233p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061495142
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0245

内容説明

ストレス性の不眠症からナルコレプシー、金縛り、睡眠時無呼吸症候群まで―日本人の五人にひとりが悩む不眠と過眠の原因を探り、治癒への道すじを考える、はじめての試み。

目次

1 現代人は睡眠不足に悩んでいる
2 まず、睡眠の基本を知ろう
3 睡眠障害とはなにか
4 睡眠障害の原因は体内にあるらしい
5 睡眠障害の原因は体外にあるらしい
6 睡眠障害の原因は生活リズムにあるらしい
7 睡眠障害の原因は眠ることにあるらしい
8 睡眠障害の原因は、ほかの病気にあるらしい
9 ほかにも、いろいろな睡眠障害があるらしい

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

5
あとがきにこう書かれていた。本書は、いわば「睡眠障害の博物学」。現在の睡眠医学の基準からみて「睡眠障害」と認定されているすべての病名が 簡潔に紹介。2014/02/06

デビっちん

1
睡眠医学の基準からみて、睡眠障害と認定されている疾患が簡潔に紹介されている。睡眠障害の原因を、体内、体外、生活リズム、眠ること、他の病気、その他に分けて障害事例とともに説明されている。個人的に1章の睡眠の役割が参考になった。睡眠の役割は、大脳の活動のため。系統発生からみると、生物リズムのほうが睡眠よりも歴史が古い。大脳の発達とともに睡眠が必要になった。ノンレム睡眠=大脳の鎮静化、レム睡眠=大脳の活性化 睡眠の基本原則2つ。①脳内の生物時計が管理するリズム現象②眠りの質と量を脳が過不足に合わせて算出2014/08/24

雪野きずな

0
コーヒーのがぶ飲みはやめよう。2014/07/11

Moemi Urano

0
これ読んでるだけで私は眠くなります。分かったような分からないような…。つまりよく分かりませんでした。2012/07/19

ハニ

0
やばいさっぱりだ2010/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/178939

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。