角川文庫<br> 嗤う伊右衛門

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

角川文庫
嗤う伊右衛門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月28日 17時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 374p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043620012
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

疱瘡を病み、姿崩れても、なお凛として正しさを失わぬ女、岩。娘・岩を不憫に思うと共に、お家断絶を憂う父・民谷又左衛門。そして、その民谷家へ婿入りすることになった、ついぞ笑ったことなぞない生真面目な浪人・伊右衛門―。渦巻く数々の陰惨な事件の果てに明らかになる、全てを飲み込むほどの情念とは―!?愛と憎、美と醜、正気と狂気、此岸と彼岸の間に滲む江戸の闇を切り取り、お岩と伊右衛門の物語を、怪しく美しく蘇らせる。四世鶴屋南北『東海道四谷怪談』に並ぶ、著者渾身の傑作怪談。

著者等紹介

京極夏彦[キョウゴクナツヒコ]
小説家、意匠家。1963年北海道生まれ。1994年、かねてよりアイデアを温めていた妖怪小説『姑獲鳥の夏』で鮮烈な小説家デビュー。『魍魎の匣』で第四十九回日本推理作家協会賞受賞。『嗤う伊右衛門』にて第二十五回泉鏡花文学賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

319
これはまた・・・ひりつくような恋愛小説。四谷怪談は、昔歌舞伎で観たことがあるだけで。こんな風に、想いたいし、想われてみたい。オリジナルをここまで小説化した京極さんはひょっとしたら天才かも。初読みでした。2016/10/16

ヴェルナーの日記

170
四谷怪談といえば、鶴屋南北の『東海道四谷怪談』が有名で、以後、登場人物の性格付けは決まっていた。民谷伊右衛門は、悪逆非道の悪人。お岩に毒を盛り、赤子もろとも殺す。その怨みをはらすため、お岩が「うらめしや~、伊右衛門殿」となるのだが、本作では真逆の伊右衛門。孤高の正義の人で、シャークスピアの『ハムレット』のようだ。悲劇『リア王』『マクベス』『ロミオとジュリエット』を髣髴させる。純文学の香りがする作品。されどミステリーの要素も外さない。お岩は、いつ死んだのだろうか?気をつけて読まないと又市に御行されてしまう。2014/12/21

nobby

144
何とも切なく哀しい純愛物語。いったい何が悪かったのか…どうすればよかったのか…絶対悪が討たれた後に訪れる至福でさえ「笑い」でなくて「嗤い」の表現に象徴されている。四谷怪談モチーフだが、幽霊や祟りに主題置かれないのは斬新。疱瘡から醜い顔貌を負ってさえ気丈でいて真っ当に世間と対峙する岩、かたや寡黙でいて実直にその醜聞へも向き合う伊右衛門。周囲の評など差し置いて夫婦となる二人だが、そのお互いの不器用さ故にぶつかり合う様が歯痒いばかり…時代や身分などが生む理があったばかりの悲愴、“ただの岩”が幸せとは悲し過ぎる。2018/02/15

🐾Yoko Omoto🐾

144
時代がかった文体と言い回しに惹き込まれ、自分が知る「四谷怪談」とはまるで違う物語を堪能した。「蚊帳の中」という小道具が伊右衛門の人となりを非常に象徴的に表し、終盤での彼の心情を際立たせる見事さ。数々の意味深な台詞に潜められた真意、全ての元凶が紐解かれた時に浮かび上がる動機などが、この時代背景特有の人間模様に巧く絡められた上質なミステリ。贅沢は好まず身の程を知り、ささやかな幸せのみを望むべくも周囲の奸計にも似た思惑によりそれすら叶わぬ悲運。「嗤い」が「笑い」ではないところに皮肉な運命に弄ばれた重さを感じる。2014/09/08

i-miya

108
いつもの調子でコメントに入るの前に、ちょっと皆さん、特にファンの方にお聞きしたいのです。読み始めてすぐに気づいたのですが、文章の型に特徴があるように思えます。たとえばP126、(1)1行目から4行目まで、改行する文章が等比級数的にだんだん短くなる、(2)同じくP126、5行目-6行目、字数が同数、(3)7行目-10行目、同数、(4)13行目-14行目、同数、(5)17行目-18行目、同数。1ページ分だけ書き上げましたが、最初からここまでずっとこの調子です。故意にそうしていると思われる。2010/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580774

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。