角川文庫<br> マダム・エドワルダ - バタイユ作品集

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
マダム・エドワルダ - バタイユ作品集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 10時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 271p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784042400011
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

蓮子

101
「マダム・エドワルダ」「死者」「眼球譚」「エロティシズムに関する逆説」「エロティシズムと死の魅惑」収録。バタイユはとても興味が惹かれるのですが、難しくて私の頭では理解が及ばず。表題作と「死者」は物語らしい筋はなく、何かの暗喩としてのイメージの連続のように感じました。性と死は深い所で手を結び、スカトロジーは人の尊厳を剥奪し、羞恥から快楽を引きずり出す。そして過剰な快楽は苦痛を生む。生殖を目的としない交接とは何であろう。ある一面から見たら愛の表現なのかもしれないが、私が感じるのはもっと暴力的で根源的なものだ。2016/10/15

Aster

70
表題作、眼球譚加えて死者はそれ自身では難解というよりそれが想起させるイメージとアナロジーあるいは全体の解釈が独立して存在しており、その各幅において境界を融和するための知識というものは後半のエロティシズム論を読まなければ得られないように思えた。 其処では死とエロティシズムが絡めて論じられているが確かに連続性と他者の概念は多用されている割合にははっきりとした輪郭が与えられていない。しかしながらそれらは動的であり、各文脈で読まれてこそ意味を解釈出来る。言葉にする事でエロティシズムが萎えるという考えは大いに同意。2020/06/24

めしいらず

63
「眼球譚」が凄まじい。背徳。倫理を汚す狂態。繋がらぬまま見せつけ合い手淫し合う。我慢に比例して絶頂は昂まる。着衣を残した交合。羞恥のないまぐわいなど味気ない。社会性の欠片が淫らを焚き付ける。社会の陵辱、信仰の冒瀆。丸裸では健康的に過ぎるのだ。ミルクと尿と淫水と血に塗れた男女。翻るシーツに刻印。便器の中で尿に弄ばれる茹で卵。性器に喰われる眼球。むき出しの白目。ピストルの男根性。弾丸の行方に何を見る。死者を汚す、臓物を覗く怖気と背中合わせの慄えるような甘美。死を身近に感じる陶酔境。意識は肉体の疼きに抗えない。2019/07/24

こばまり

55
何名かの読友様が読んでおられたのをきっかけに長年の積読本に着手。途端、官能の暴風雨に放り出される。アンファン・テリブルな「眼球譚」よりも、悲哀漂う「マダム・エトワルダ」の方が心に残りました。続く講演と討論会の再録は私には難解。出直して参ります。2015/08/12

猪子恭治

46
ずいぶん前に松丸本舗で購入。「燃えるスカートの少女」と一緒だった。キーブックなんです。どう受け止めていいのか、判らない領域のお話だから重要なのでしょう。排泄すること、何かを出し切ることが、心の浄化、昇華につながるのか。「マダム・エドワルダ」「「死者」「眼球譚」と後の方の作品が読める気がした。限りなく禁忌とされていることに、何のためらいもなく行動することから、連続性が生まれるのか。後の2作品は常に死を意識した感があるが「マダム」はそれをも超越している。私は、比べられるような作品を読んでいないが、再読したい。2011/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563846

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。