岩波文庫<br> エミール〈上〉 (改版)

個数:
電子版価格
¥1,100
  • 電書あり

岩波文庫
エミール〈上〉 (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 04時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 406p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003362211
  • NDC分類 371.235
  • Cコード C0137

出版社内容情報

人間は立派な者として生まれるが,社会が彼を堕落させる,という根本命題に立って人間形成における自然思想を展開した著作.理想的な家庭教師がエミールという平凡な人間を,誕生から結婚まで,自然という偉大な師に従っていかに導いてゆくかを,結婚相手となるソフィアの教育をも加えて,小説形式で述べた教育思想史上不朽の古典.

内容説明

「万物をつくる者の手をはなれるときすべてはよいものであるが、人間の手にうつるとすべてが悪くなる」という冒頭の言葉が示すように、ルソー(1712‐78)一流の自然礼讃、人為排斥の哲学を教育論として展開した書。ある教師がエミールという一人の平凡な人間を、誕生から結婚まで、自然という偉大な教師の指示に従って、いかに導いてゆくかを小説の形式で述べてゆく。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

241
『エミール』は、著者ルソーが架空少年"エミール"を設定し、この少年を立派な青年へと育つように教育することで、ルソーの教育論を展開した作品。本書(上巻)は、エミールの誕生~ローティーンまでをカバーしている。ルソーと聞くと『社会契約論』や『人間不平等起源論』を代表作品と挙げる方が多いと思う。でも個人的には、『エミール』こそが最高傑作ではないかと思う。ルソーは17~18世紀のフランスあって、ヴォルテール、モンテスキューとともに啓蒙思想の牽引役だった。2018/09/09

びす男

57
「人間の教育は誕生とともにはじまる。話をするまえに、人の言うことを聞きわけるまえに、人間はすでに学びはじめている」。ルソーの思想がすべて詰まった大著。エミールという凡庸な子どもを教育するという想定で、ルソーの教育論が展開されている。『人間不平等起原論』でも見たように、ルソーには「自然は良いものだが、人間がそれを堕落させる」という発想がある。なるべく自然の通りに育て、人為的なものをエミールに植え込まないようにしている。一人の子どもの成長を見守るような気持ちになる、不思議な本だ。中下巻を読んで書評かきます。2015/01/26

i-miya

56
2013.11.25(11/25)(再読)ルソー著。 11/25 (カバー) ルソー一流の自然礼賛、ルソー(1712-1778)、人為排斥の哲学を教育論として展開した本書。 ある教師が、エミールという平凡な人間を誕生から結婚まで、自然という偉大な教師に従い導く小説形式。 「万物を作る者の手を離れるとき、全てはよいものであるが、人の手に移ると、全てが悪くなる」  2013/11/25

i-miya

56
2011.01.05- (表書) (万物をつくる者の手をはなれるとき、すべてはよいものであるが、人間の手にうつると全てがわるくなる」ルソー(1712-1778)一流の自然礼賛、人間排斥の哲学を教育論として展開した本書。エミールという一人の平凡な人間。その誕生から結婚まで、自然という偉大な教師の指示に従い、いかに導いていくか。この本、私、2001.06に買うた、とメモある(i-miya)。2011/01/05

i-miya

55
2014.02.16(01/25)(つづき)ルソー著。 02/15 (P010) ルソー、生まれてすぐに母の死、少年時代父と別れた。 ルソーは正規の教育も受けていない。 ルソーは、放浪と不安定な生活。その後、ルソーはようやく成人となる。 ルソーは『エミール』のうちい自分の夢を描いていたといえる。 エミールの先生は、ルソー自身だが、生徒エミールもこうであって欲しかったルソー自身である、といえる。  2014/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/475225
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。