岩波文庫<br> 湛山回想

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
湛山回想

  • 石橋湛山
  • 価格 ¥1,243(本体¥1,130)
  • 岩波書店(2005/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 22pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 436,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003316825
  • NDC分類 289
  • Cコード C0195

出版社内容情報

『東洋経済新報』で小日本主義を提唱し,日本に比類のない自由主義の論調を貫いた石橋湛山が,生いたちから戦後政界で活躍するまでを淡々と語った自伝的回想.特に,坪内逍遙・島村抱月等の謦咳に接した早稲田の学生時代の叙述をはじめ,東洋経済新報社の同僚であった片山潜の事や二・一スト前後の回想は貴重な記録. (解説 長 幸男)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

23
学校教師の経験(43頁~)。早大卒業、修身と教育との中等教員免状をもらったという。東大の本郷では卒業式の際、陛下の行幸があって、制服で奉迎、奉送(53頁)。私が最も早く読んだ経済学の本は、トインビーの『インダストリアル・レボリューション』(75頁)。私の借りた本には、134頁に大きく折り目が付けられていた跡があるので、痛々しく、公共財としての図書館の書籍を丁重に扱ってほしいと思う。そして、司書がぺらぺらと返却するや否や、捲りまくるのも信用されていないのだと、がっくりきた。 2015/04/13

isao_key

5
東洋経済新報社の主筆として日本のジャーナリズムを牽引してきた石橋湛山の回想録。本書は1948年から51年まで「東洋経済新報」に連載された「随筆 若干の感想」「おいたちの記」が元になっている。従って後、1956年に総理大臣に就任するも病気のためわずか2ヶ月で退陣したときの記述はない。おいたちから早稲田大学時代の様子、軍隊での生活、文筆業を始めた頃からその後の活動などが思い出すままに書かれている。中でも戦時中、自由主義を捨てないことから軍部から睨まれても、主義を捨てずに雑誌を存続させた反骨精神はさすがである。2014/01/21

denz

4
僧侶の子として生まれ、母の姓を名乗り、父親の友人を育ての親とする。中学時代は、二回の留年を経験しクラークの教えを受けたキリスト教徒の校長の薫陶を得る。高等学校試験では一高を失敗し、早稲田へと進み、田中王堂の影響を受けた哲学徒として主席で卒業。哲学者として出発したはずが、東洋経済新報という経済雑誌社に就職し、経済評論家として活躍し、後に政治家へと転身する。総理就任直前位までの湛山の回想録であるが、生涯を見るにつけ個人として生きることを課されつつも周囲の感化をしっかりと受け感謝する穏健な個人主義者像がみえる。2013/10/24

ArenasR

3
表紙の内容紹介からは、明治生まれの知識人による時代の証言、くらいな印象を受けて読み始めたんだけれども、まるで今の時代に読まれるために書かれたような、そんなところが多く含まれている感じがしてきた。政治にしろ経済にしろ、いつも新たな事態に直面しては様々な立場・主張から“正解”を見つけなければいけないというわけでなく、歴史をたどり、由来をたどれば、自ずと導かれるものがある、はず。今はだいぶ忘れられ軽んじられている大事なものがここにある気がするな。ところで福来友吉博士の催眠療法体験が、証言としてかなり興味深い。2014/05/08

D

3
政府の経済政策の失策が軍部の台頭に繋がったと書かれている。経済の低迷により排他的な勢力が巨大化している現代にもこの原理は適用できる。2013/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/65460

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。