岩波文庫<br> 三十三年の夢

個数:

岩波文庫
三十三年の夢

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 500,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003312216
  • NDC分類 289
  • Cコード C0123

出版社内容情報

次兄弥蔵の中国革命論に共鳴した宮崎滔天(一八七一―一九二二)は,来日した孫文に初めて出会って以来熱烈にその支持者となり,私利私欲を度外視して中国革命支援のため東奔西走,東アジア各地を駆けめぐった.明治のロマンティスト,革命家滔天の波瀾万丈の半生=三三歳までを描いた自叙伝.資料を博捜,詳細で読みやすい注を付す.

内容説明

次兄弥蔵の中国革命論に共鳴した宮崎滔天(1871‐1922)は来日した孫文に初めて出会って以来熱烈にその支持者となり、私利私欲を度外視して中国革命支援のため東奔西走、東アジア各地を駆けめぐった。天真爛漫な明治のロマンティスト、革命家滔天の波瀾万丈の半生=33歳までを描いた自叙伝。資料を博搜、詳細で興趣溢れる注を付す。

目次

半生夢さめて落花を思う
故郷の山川
余が家庭
中学校および大江義塾
自棄の卵の反動
耶蘇教徒となる
思想の変遷と初恋
大方針定まる
無寐の郷国に入る
無為の四年間〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takaaki Sasaki

3
近代中国の父、孫文を支援した宮崎滔天の33歳に至るまでの伝記。彼の人物はまことに破天荒で、八面六臂の活躍ぶりは読んでいてまことに痛快。英雄豪傑とはこのような人を言うのだろう。孫文の他、康有為、犬養毅らも登場。今日本と中国は領土問題などで険悪な関係になっているが、100以上前に中国革命のために一生を捧げ、中国の多くの革命家から慕われた日本人がいたことはもっと知られてもいいのではないだろうか。2013/07/10

3
辛亥革命を支えた革命家・浪曲家である宮崎滔天の半生を描いた自伝。キリシタン武士であったり、学生運動家であったり、東南アジアで殖産興業をしたり等々、わずか三十三年の出来ごとながらまさしく波乱万丈な人生を送っている。最もな功績は来日した孫文を支援し辛亥革命を可能にしたことなのだろうが、それすら彼の人生を構成する一つの要素に過ぎない。こうした「枠に嵌らない暴走」は、戦前日本人の専売特許とも言うべき行動心理なのだろうなぁ。2011/07/07

Rion

2
滔天の行動力に驚くとともに、かなり感化されやすい人だったのではないかと思った。「余は恋愛の化身なり」と恋に格闘するところだったり、シンガポールでの話が興味をひいた。読んでいて暑苦しさ半端ないけれども、おそらく目の前で話したら惹かれてしまうだろう人物。お母さんやお兄さんなど家族の話もでてきて、滔天の周りの人物も濃ゆい人が多すぎる。2016/02/11

YukoNexus6

0
#読書フェス #遠足協会 https://note.mu/yukonexus6/n/nd17919ca08182016/05/17

はにゅ

0
なんか危険な男です。天衣無縫・豪放磊落って、宮崎ちゃんのためにある言葉。見ててハラハラします><なんかこの時代の人ってこんな感じの多いな・・・2006/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/466592

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。