岩波文庫<br> 摘録 断腸亭日乗〈上〉

個数:

岩波文庫
摘録 断腸亭日乗〈上〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 460p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784003104200
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

永井荷風(一八七九―一九五九)は三十八歳から七十九歳の死の直前まで四十二年間にわたって日記を書きつづけた.断腸亭は荷風の別号,日乗とは日記のこと.岩波版全集で約三千ページにのぼるその全文からエッセンスを抄出し読みやすい形で提供する.この壮絶な個人主義者はいかに生き,いかに時代を見つづけたか. (解説 竹盛天雄)

内容説明

永井荷風(1879‐1959)は38歳から79歳の死の直前まで42年間にわたって日記を書きつづけた。断腸亭とは荷風の別号、日乗とは日記のこと。岩波版全集で約3000ページにのぼるその全文からエッセンスを抄出し読みやすい形で提供する。この壮絶な個人主義者はいかに生き、いかに時代を見つづけたか。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

lily

132
ひゃー、噂には聞いていたけれど、凄い生成日記に出逢ってしまった。読書遍歴と希少価値たる詳細な女遍歴が同時に俯瞰でき、当時の空気感もリアルに伝える文豪は永井荷風の右に出るものはいない。いくつもの病を抱えながらも恋と読書と芸術と執筆と生への躍動感が伝播する。自己の生き方へのぶれない芯の強さは誰が読んでも心を打って止まないに違いない。男性が読んでも華麗な素質への羨望からは免れないと想像する。2019/07/21

KAZOO

100
これは永井荷風の日記をまとめたものです。むかし全集で6巻になっているのをすべて読んだことがあります。当時はかなりマニアックであったと感じましたが、今回は上下2巻にまとめられたものを再読してみました。上巻には大正6年から昭和11年までの約20年間の日記と西遊日誌も収められています。再読してみると簡単なことでも毎日書いているようで本当によく続けたという感じがします。もう少し物の値段や自分の使った金額などが書いてあるといいと思います。2017/08/25

ベイス

54
上巻は大正7(荷風40歳)から昭和11まで。基本姿勢は厭世隠遁。身内の罵倒から文壇批判、とっかえひっかえの女性の性癖まで、当時の風俗や社会情勢への鋭い観察眼も交えながら生き生きと描く。軍国主義がひたひたと迫る不気味さが、日常の些細な出来事の記述を通して伝わってくる。歴史書や学術書のように上段に構えるのではなく、あくまで私的な日記であることが、かえって当時の雰囲気をありのままに伝えて迫力がある。社会の雰囲気になびくことなく斜めに見つめるこのような独白が、激動の時代をくぐり抜けて後世に残されたことに感謝!2020/07/25

もりくに

35
この本は、死の前日まで書かれた荷風の「断腸亭日乗」を磯田光一さんが、2巻にまとめたものの上巻。39歳(大正6年)から58歳(昭和11年)まで。磯田さんは出版前に亡くなった。「断腸」は、荷風の好きな「秋海棠」の別名。ストリップや玉の井好きな、偏屈な爺さんと思っていたから、秋海棠をはじめとする草花や、庭に来る鳥、暑さ寒さのこと、また、月のいろんな記述の多さには、驚いた。彼は、毎日「散歩」をしている。東京住まいでないので、よくわからないが、麻布(偏奇館)から銀座、浅草など、結構なところを歩いている。2017/11/01

おせきはん

21
作家との交流、女性関係、社会情勢などについて綴られた日記です。当時の社会の様子がわかり、興味深く読みました。女性関係の具体的な記述には驚きましたが、女性関係は当時から広く知られていたようなので、隠す必要はなかったのかもしれませんね。2020/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/479687

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。