岩波少年文庫<br> 床下の小人たち (新版)

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

岩波少年文庫
床下の小人たち (新版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 273p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784001140620
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

出版社内容情報

イギリスの古風な家の床下に住む小人の一家.暮らしに必要なものはすべて,こっそり人間から借りていましたが,ある日,小人の少女がその家の男の子に見られてしまいます―.ファンタジーの傑作.

内容説明

イギリスの古風な家の床下に住む小人の一家。暮らしに必要なものはすべて、こっそり人間から借りていましたが、ある日、その家の男の子に姿を見られてしまいます―カーネギー賞を受賞した「小人シリーズ」の第1作。小学5・6年以上。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

366
本作は宮崎駿監督によりスタジオジブリから2010年に映画化された『借りぐらしのアリエッティ』の原作にあたる。著者ノートンは本作をはじめ”小人の冒険シリーズ”を執筆している。人間の家に仮住まいするアリエッティーの家族たち含めた小人たちは、”人間に見られてはいけない”という鉄則があった。人間に見つかってしまうとその家を出て行かなかればならないのだが、ある日アリエッティーの父ポッドが住人の少年に見られてしまった―― 2017/06/27

kariya

120
指ぬきのお鍋に糸巻きの腰掛け、記念切手の壁紙。初めてこの物語を読んだ子供の頃、住んでいるマンションの床の下には小人がいるのだと、本気で信じた。単なるお話だと気付いたのは随分と経ってから。床下に住むアリエッティと両親は、必要な物を人間から「借りて」いる。姿を見られたり怪我をする危険と隣り合わせの借り暮らしの日々は、療養に来ていた少年との出会いで一変する。身体が小さいこと以外、特別な力は何一つない小人たちの姿はとてもリアルで、だからその存在を信じたくなった。どこかには居てくれてもいいな、と今でも思う。2010/04/22

れみ

109
スタジオジブリの映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作。田舎の古い家の床下に住み人間の持ち物を「借り」て暮らす小さな人たち。その姿をある男の子に見られたことから始まるお話。アリエッティたち小さな人の目線から見た人間の家や持ち物の描写が面白い反面、自分とは違う生まれ育ち、違う言語、違う宗教、違う文化、違う価値観…、そういうものとの遭遇によって起こるのが良いことばかりではなかったり、アリエッティや男の子の子どもらしい浅はかさが大人に不信を抱かせるきっかけになったりと、ほろ苦さや厳しさも感じさせられた。2017/05/02

Willie the Wildcat

92
好奇心と閉塞感が、子供たちを突き動かす。心底に抱える「借り暮らし」の苦悩。アリエッティのお陰で男の子もそれに気付き、口にする件は、心痛くもあるがもれなく転機。物理的繋がりではなく、精神的な繋がりが求められる。加えて、住めば都のアナグマの巣。いつものホミリーなのが、論より証拠。一家全員、もれなく”自由”を謳歌している気がする。加えて、大叔母ソフィの「瓶に栓」は、思わずプッと笑う。それにしても、”小さな三日月にして真ん中に点”?!う~ん、頭に浮かばない。そもそも論でAlphabetでは何だったんだろう。2020/04/11

kaizen@名古屋de朝活読書会

86
ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作です。 映画を見てから読んだので、 筋の違い、役回りの違いは、 ああ、映画はなるほどジブリらしいと思いました。 原作に忠実であることよりも、ジブリらしさを出すことに忠実。 ちょうど、アメリカにおけるディズニーに似ていると思いました。 小説の方は落ち着いていて、 いかにもありそうな、 なさそうな話。 ネズミ駆除など、映画にもそのまま使われている話もあり、とても楽しめました。2010/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/567875

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。