広田弘毅の笑顔とともに―私が生きた昭和

個数:
  • ポイントキャンペーン

広田弘毅の笑顔とともに―私が生きた昭和

  • ゆたか はじめ【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 弦書房(2010/12発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 85pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863290518
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

少年時代にその笑顔にふれた判事が、昭和という時代と広田弘毅を語ることで、今に生きる私たちに改めて戦争と平和の意味を問いかける。昭和の少年が見た広田弘毅の素顔。

目次

第1章 三代ばなし(福岡天神町の地主;被爆した裁判所長 ほか)
第2章 広田さんと父(ひとかどの芸能通;内閣総理大臣秘書官 ほか)
第3章 広田さんと私(昭和の子ども;総理大臣の広田さん ほか)
第4章 負けいくさ(空襲警報のサイレン;長崎の家族 ほか)
第5章 司法よさらば(東京を離れる;沖縄からの声を)

著者等紹介

ゆたかはじめ[ユタカハジメ]
本名=石田穣一。1928年東京生まれ。エッセイスト。美ら島沖縄大使。1993年東京高裁長官を定年退官後沖縄に移住。日本経済新聞・毎日新聞・東京新聞などにエッセイを執筆連載。文藝春秋に書いた「鉄道乗り歩きの極意」が日本エッセイストクラブ2005年度ベストエッセイに入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。