「伝わる資料」 PowerPoint 企画書デザイン

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,944
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

「伝わる資料」 PowerPoint 企画書デザイン

  • 著者名:渡辺克之
  • 価格 ¥1,944(本体¥1,800)
  • ソーテック社(2018/04発売)
  • 爽やかな秋に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/21)
  • ポイント 450pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。
端末により、見開き表示で、左右が逆になる場合があります。

「伝わる」 シリーズ待望の第四弾!
相手の心を動かす極上の企画書がパワポで簡単に作成できます。

企画書は、一歩間違えると独りよがりの資料になりがちです。自分の考えを羅列するだけの資料から抜け出すには、相手が見て「わかる」ように作り、共感を得やすい「イイ感じ」の雰囲気を纏わせることも大事になってきます。

企画書作りは「自分の考えを的確にまとめて」「きれいに紙面に表わす」という2つの作業が混在するので、多くの知識が必要になります。
その知識を得るには、実例を見て、つくりを学び、応用を想像するのが最も効果的です。

本書は、企画書の実例から作り方のエッセンスをマスターできます。紙面では「○×」や「Before→After」形式で応用が効くポイントを解説しています。
また、企画書づくりで役立つレイアウトパターンとカバーデザインを掲載します。もちろん、サンプルファイルはダウンロードできます。

最善のテクニックを選び、的確に使って「伝わる企画書」にする。

少し斜に構えれば、企画書を作るのは、プランナーや作家、マーケッターといった一部の人たちのものと考えがちです。
しかし、自分の考えを表す文書という基本に照らせば、社会人であれ学生であれ、企画書は誰もが作るものです。
お客様への提案。社内の打ち合わせ。上司への計画説明。いずれも「自分の考えを表す」企画書を介してコミュニケーションを取っています。
企画を考えることは誰にでもできますが、重要なのは、誰が見てもわかる文書のかたちにまとめること。せっかくのグッドアイデアも、相手に伝わらなければ無用の長物です。

例えば、アイデアを披露した結果、「アイデアがありきたりだ」「費用がかかり過ぎ」といった評価をもらっても諦めがつきます。
意図が相手に伝わっているのですから、企画の内容をチェックして修正することで「次」に進めます。
厄介なのは、いいともダメとも言われず、「何を言っているかわからない…」と評価されることです。
主旨が伝わらず、相手が良し悪しの判断を下せない状況です。

そうならないためには、主旨を適切に表現するテクニックが必要です。メッセージを効果的に見せる見せ方や「こう見せれば、こう感じてくれる」といったルールのようなものです。
フォントの選び方、段落の作り方、図形の形状、写真やグラフの配置など、レイアウトの仕方によって見え方は違ったものになります。
大切なのは、それぞれの要素の役割を意識しつつ、メッセージを伝えるのに最善のテクニックを選び、的確に使うことです。

企画書にはいろいろなかたちがあり、さまざまな見せ方があります。カッコいい企画書を作ろうと思ってはいけません。
1枚であれページものであれ、読みやすく、わかりやすく作ることが、企画書づくりの第一歩です。
そこでは、パワポで作った多くの作例に触れ、書き方のポイントを確認するのも効率的なスキルアップ法です。

本書は、作例とともに「伝わる企画書」につながるポイントを紹介しています。どのような視点で情報をまとめ、どのようなパワポの機能を使ってレイアウトすると効果的かを解説しています。
ダウンロードできるサンプルファイルも用意していますので、実際に操作して作り方のコツを理解してください。

本書で、企画書づくりのヒントを見つけていただければ大変うれしく思います。

(本書「はじめに」より)