リスクゼロへ舵を切れ! : 株式資産倍増術

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy

リスクゼロへ舵を切れ! : 株式資産倍増術

  • ISBN:9784862040466

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

年間に1~2回訪れる日経平均の急落場面で、その都度手痛い損失をこうむる投資家に、3つの売りの技術をトップ投資顧問が徹底指南

目次

はじめに 暴落にも打ち勝つ投資技術を手に入れろ!
第1章 「資産をつくる継続投資」を実現する「3つの売りの技術」10のポイント
1 だれもが欲しい「利益確定売り」の技術 ●「利益確定売り」と「損失確定売り」●いつも悔やんでばかりいるのはなぜだ?
2 「損失確定売り」のイメージがあるか? ●いつまでたっても「損失確定売り」が苦手な理由●「損失確定売り」という厚い壁
3 「利益確定売り」と「損失確定売り」の共存 ●勝率100%はありえない●「利益確定売り」と「損失確定売り」の比率が問題だ
4 トータル利益を大きくするために何をするか ●利益を左右する3つの要素●利益率の追求は最終ステップ
5 初級者の負けグセは簡単に改善する ●株式投資は「なにを買うか?」から入ってはいけない●売り場を考えてから買いに入る大切さを知る
6 欲をコントロールする技術が必要だ ●自分の欲を甘く見ていないか?●「欲張り」を放置したらけして儲けられない
7 全体相場の急落リスクを考える ●行き過ぎた相場はかならず下げる
8 「総手仕舞い」の手法がどうしても重要だ ●投資中断のツケは大きい●プロは塩漬け株をもたない!
9 「資産をつくる継続投資」の全体像 ●「買い・売り・資金回収」を一連の流れで考える●利益を上げやすい相場を見極める●運に任せるギャンブルではない
10 1年に1~2回のチャンスをモノにするために ●日経平均株価で相場全体を把握する●チャンスを待つ忍耐力が不可欠だ
第2章 トレーニングなしでは技術を磨けない「利益確定売り」11のポイント
1 最適なトレーニング環境を考える ●「利益確定売り」の実現率を高める訓練●買い値をかならず上抜いていく!
2 トレーニングの第一歩は「調整待ち」 ●プロがシノギを削る株式市場にどう立ち向かうか?●プロにはないアマチュアの強みを生かせ●トレンド転換をひたすら待つのみ
3 「急落」の難所をチャンスに変える発想 ●悪循環を断ち切る考え方が必要だ
4 トレーニングを開始するタイミングの読み方1 ●調整局面にも様々なパターンがある●急落、即、トレーニング開始ではない
5 トレーニングを開始するタイミングの読み方2 ●日経平均急落直後にリスクの小さな買いチャンスが●買い場はすぐにやってきた
6 「利益確定売り」の訓練対象銘柄の選び方 ●上昇相場を牽引する中心銘柄がベストだが……●下落中に業績良好銘柄のピックアップを
7 《実践》訓練対象の銘柄ウォッチング ●急落直後に好業績銘柄の押し目を狙う●個別銘柄もトレンドの見極めを
8 《実践》買い場を具体的にイメージする方法 ●日経平均の日足チャートのチェックが必要だ●買値目標を設定するにはどうするか
9 売り場のイメージなしで買ってはいけない ●上値の目標をどう立てるか●複数のシナリオを描く理由
10 一定利益率で「利益確定売り」を試みる訓練 ●大局上昇トレンドの本来の攻め方●小さな利幅に慣れる
11 一定の利益率で売るトレーニングがなぜ必要か ●受身の売りからの脱却●打率の向上を最大の目標に
第3章 意志の力でだれでも克服できる「損失確定売り」8つのポイント
1 損失確定を嫌って失う千両の大きさを考える ●「見切り千両」が伝えようとしている意味●絶好のチャンスをフイにするとき
2 塩漬けによる投資意欲の減退は無視できない ●損失確定を嫌って失うものは資金だけではない
3 塩漬けを余儀なくされるのはなぜか ●「売らないかぎり損は出ない」という逃げ道●「いつの日か…」を待つ選択肢はない●「長期投資に方針変更」のまやかし
4 「資産をつくる株式投資」を再考する ●「資産をつくる株式投資」を実現させる循環サイクル●循環サイクルの途絶はこうして起こる
5 塩漬けが100%間違った選択である本当の理由 ●不良在庫を抱えるダメ経営者●塩漬け株は不良資産だ
6 「損失確定売り」は避けて通れない ●すべての投資家は評価損を放置してはいけない●「損失確定売り」には強制力をともなう方法論を
7 「損失確定売り」の型を考える ●いやも応もなく「損失確定売り」を実行する方法●塩漬けを一切無くすために
8 「損失確定売り」に訓練が不要な理由 ●「損失確定売り」は、実行あるのみ●継続投資を妨げる原因は徹底して排除せよ
第4章 1年に1~2回、急落リスクをチャンスに転じる「総手仕舞い」10のポイント
1 「総手仕舞い」の技術なしでは戦えない ●急落はいつも突然やってくる●急落後の対策では資産を守れない!
2 個人投資家がつねに引き受ける急落リスク ●塩漬けか、撤退か─●投資余力を根こそぎ奪われた!
3 メディアは個人投資家の味方ではない ●個人投資家へ顔を向けないメディア●最後のババをつかませようとする世界
4 「総手仕舞い」というリスクゼロの選択 ●一切合財をキャッシュに換える●継続投資はつなげて、繰り返す
5 相場全体の急落場面をいかに予測するか ●いつ調整入りしてもおかしくない状況●キャッシュを手にした投資家は強い
6 「総手仕舞い」のメッセージはこう発信した ●相場予測のファーストステップはシナリオ作成●「キャッシュポジションを高めて大幅安を待て」
7 目先の底のイメージ作りが重要だ ●値幅調整でどこまで下げるか?●昨今の日経平均はNYダウしだい
8 「リスクの小さな買い場」はこうして探す ●仮説を立てて下値水準を想定する
9 調整入りの可能性を読みきるポイント ●上値のフシがチェックポイント●海外市場の影響は大きい
10 柴田罫線が「総手仕舞い」を強力サポート ●トレンド分析で本領を発揮する柴田罫線●急落予測の決め手となった売りシグナル●絶対的に信頼できる分析法はない
第5章 資産倍増にすぐに役立つ〈実践〉究極の短期投資8つのポイント
1 「年間に1~2回」のサイクル循環をベースに ●具体的な攻略法を考える前に
2 大局上昇トレンドの2つの基本攻略法 ●じっくり上昇を待つか、こまめに利益を取りにいくか?●両刀づかいはやめなさい
3 単一銘柄の短期反復攻略のススメ ●短期で8回転、6勝2分け●押し目狙いの待ち伏せ買いに徹すること
4 全体相場に不透明感のタイミングで材料株を ●「好業績・低PER」+「豊富な材料性」で勝負●買い目標値と売り目標値の設定
5 「押し目買いの吹き値売り」の反復繰り返し ●株価が買い目標まで下げないときは?●日足・週足・月足を使い分けろ
6 急騰・急落直後の反動高が狙い目 ●つねにトレンド転換の可能性に注視せよ●時には成り行き買いで果敢に攻める●どこまで“追っかけ”をつづけるか
7 短期リバウンド狙いのバスケット買いのススメ ●短期投資の“必勝パターン”●何を買うかは重要ではない●リスクを覚悟できる投資家限定!●短期狙いのスタンス堅持を
8 バスケット買いの対象銘柄を考える ●急落前に大相場、そして好業績・低PER銘柄●成果が大きい短期攻略法
あとがきにかえて ●リスクについて考える●長期投資は株式投資の王道か?●個人投資家の先物取引への流れ