新潮文庫<br> フランス革命の女たち―激動の時代を生きた11人の物語―(新潮文庫)

個数:1
紙書籍版価格
¥825
  • 電子書籍
  • Reader

新潮文庫
フランス革命の女たち―激動の時代を生きた11人の物語―(新潮文庫)

  • 著者名:池田理代子【著】
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 新潮社(2024/01発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101048710

ファイル: /

内容説明

永遠の名作『ベルサイユのばら』から50年を越え、今、新たな真実の歴史が詳らかになる――。ロココの薔薇マリー・アントワネット、美貌の画家ヴィジェ=ルブラン、暗殺の天使シャルロット・コルデー……。美貌と愛によって、才気と知性によって、歴史の表舞台へと躍り出た女たちに寄り添い、その激しい人生を豊富な絵画と共に活写する。マンガでは語り尽くせなかったフランス革命の物語。(解説・鹿島茂)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

47
文庫新刊。ベルばら作者池田理代子さんによる、フランス革命にて陰に陽に活躍した11人の女性の人生が綴られる。やはりマリーアントワネットの章は漫画以上にドラマティックで、読みながらかなり感情が入ってしまった。ベルばらは(幕末で例えると)どちらかと言うと幕臣側視点だけど、この1冊では、ベルばらでは物語上あまり語られなかった維新志士側視点がよく分かる!池田理代子さんの、女性への想いも乗っていて読み応えがありました。2024/02/08

チューリップ

10
フランス革命の時代を生きた女性について紹介した本。革命で市民の自由を得ようとしていた人たちもそれが女性になると当たり前のように締め付けようとしているのが男性の身勝手さを感じたな。その中で自分の思うように活動したら捕まってギロチンになったり、簡単に人の生死を判断しちゃっているし結構怖い時代だよなと改めて感じた。池田さんはあとがきとかでも失礼な事言われた話を書いているし、他にも色々あったんだろうなと想像出来て、だからこそこの時代に生きた女性たちの気持ちも分かったんだろうなと思った。2024/04/12

真朝

7
知っている人もいれば知らない人もいました。 激動の血腥い時代の変動期を生きた女性達です。 一つ一つの章がそれほど長くないのも良かったです。ここから掘り下げて知りたいと思える本でした。 ベルばらからもう50年。子供の頃にアニメを観て、大人になって漫画を読んで、そこからマリー・アントワネットのことを掘り下げて知りました。2024/03/15

oanchan

4
フランス革命の頃の女性に焦点を当てた解説者。著者の歴史観が垣間見れて、とても興味深い。人権宣言といいながら、そこに女性が含まれていないことを初めて知った。市民の革命を凄いと思いつつ、その末路をみると果たして?、と感じずにはいられない。歴史って面白い。ベルばら好きなら一読の価値あり。2024/02/12

彼方

3
表紙のフランス国旗を掲げるオスカルに、池田理代子先生の描きたかった、フランス革命下の、そして現代まで続く、名もなき女性たちの怒り、嘆き、悲しみ、祈り、そして「自由と平等」の全てが込められている、と感じました。 本書はタイトル通り激動の時代を生きた11人の女性に焦点を当てて書かれていて、丁寧で彼女たちの心情を推し量る筆致に、池田先生の深い洞察力が伺えます。 そして読んでいて強く感じたのは、彼女たちの後ろには歴史に名が残らなかった無名の女性たちがいるのだという思い。 かの有名な人権宣言のエピソードも深い。2024/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21742570
  • ご注意事項